うさぎとピクニック

うさぎと、自転車、田舎での日々

勝手なつぶやき

今回のライドでよかったもの続き

月末の週末に泊りででかけると、仕事がたまって…
まだ、あわただしくてが…
すみません、今回の宮城県一周自転車600キロライドでよかったもの続きます。
(整理が必要ないこういうネタって頭使わないので)

 

キョーセラのマグボトル
冷たいものむけに飲み口が大きめなので飲みやすい
冷たいものを入れるとずっと冷たいままなので気持ちが潤う
自転車用のボトルだと、冷たいものいれても熱くなるんだもの。
なにもこだわるこたあないなと、思っとります。
なのでケージもメインはトピークのフリーサイズのケージです。


補給食ははつみつ、このために練習していたわけではないけれど
この冬から、補給糖分をあれこれ取捨選択しなからとっていました。
はちみつがいちばんいい。チューブ1本につき200キロの感じ。
できるだけおいしい外国のを選びました、ライド中の少しの贅沢です。
一日2000円のコンビニ補給×5回ほどのストップ。

コンビニでは、豆乳とおにぎりと水をほとんど毎回買っていました。
逆にそれ以外ほとんどかってないような気がします。

疲れていても、気持ち悪くなってきても、やはり米粒がいいみたい。
お腹に落ち着きます。
パンにはそれかないかな、疲れていても食べやすいけれど、
塊がほぐれず飲み下しにくい。これはやはり粉と粒の違いでしょうかね。


 

心配していた、ラテックスの空気漏れに対する空気いれですが
2200円くらいのマジックポンプというのを買って持っていきました。
co2ボンベで1BARとか、少量入れるのむずかしく、
下手すると一瞬にしてパーンなりそうな恐怖がよみがえるのです。
6.5指定タイヤは出発前日夕方 メーター7.5(実質7) と多めに入れました。
空気入れてから36時間後6BARだったので60しゅこしゅこして6.5にして
そのままあとは15時間走行して帰宅しました。
いれやすくてよかったです、別に延長チューブも使いました。

 

あと、葛根湯。これは出発前日にさかのぼりますが
だるくて寒気がしていたのです、金曜夕方横になって休んでいたのですが
体調はいっこうに変わらず、だるいいなか存在を思い出した葛根湯を
のんで寝ていたら夜にスゴイ汗をかいて夜二時出発のときには
すっきりしていました。。
なかなか飲む機会ないですがほんとに効きますね、だるさ寒気にばっちり。
成分は覚せい剤に近いと、どこかの大学の先生が言っていたらしいですので
そういう利用方法のとき(?)にはぜひ使いたいものです。
なにより変な栄養ドリンクのむわりずっと安い、ドリンクタイプだと一本数十円。
栄養ドリンクってあれ効くという感覚は糖分によるものだと思います、
実際作っていた人に聞くと、バカにしたようにあんなの砂糖しか入っていない
と言っていましたから。