うさぎとピクニック

うさぎと、自転車、田舎での日々

勝手なつぶやき

DNFしていく年代

書いたようなまだ書いていないような…

今週末、磐梯吾妻スカイラインヒルクライムに出る予定です。

(天気次第)

先週末の蔵王、出ようか迷っているうち締め切りになったので

ほっとしつつも、あの冷たい雨に他人事ながらやきもきしていました。

あの坂、気温、さらに雨ときてはと参加する選手を思っていました。

特にひとり50代で注目しているひとがいて、その人は

大槌でも、チャンピオンと30代をひいて走っていた大阪のピンクジャージの人。

 

あけすけないものいいに最初はいい印象ではなかったのですが

ブログをみたり、直接話したり、同じレースを走ったりするうちに

敬服の念に変わっていきました。

そのひとが、減らない体重に悩みながらも蔵王どう走っていたかと。

リザルトではDNF、えっなんで?落車かとも思ったけれどスタート時間が同じひとで

DNFのひとはほかにいないし、単独落車?それともパンクか、

チェーン落ち頻発であきらめたか?

www.strava.com

ストラバで、フライバイを見ました、そしたらなんどか止まったのち、

峩々温泉からのトイレで止まったままになっていました、そして下りの

ひとが下りてきてから行動したようで、いったいなんだろうと思って

やっと翌日更新されたブログをみました。

ameblo.jp

ちょっと他人ごとではない、同じような感じに涙ぐみます。

ぼくもおそらく今週のバンダイは去年のリザルトより遅くなるように思います、

初めて前年を下回る年になりそう。

ただよく考えると、ぼくが自転車始めたのは遅くて

いままでかかってようやく人並みに向上してきただけなのです。

 

レーニングすると痛めるのでできないし、

(トレーニングって限界近く体を痛めることなんですね)

いったん痛めると治りが遅いし少し弱体化すると

ますます限界値は低くなるし…。

 

今週末とにかく頑張るつもりです。

次は来月の月山ヒルクライム、以前熱中症でヘロヘロになった時以来

なので気楽です、それに初回開催なので比較するものがないというのがいいな。

 

明るいこのかたも最近弱気のぼやき。

ameblo.jp

高橋義博さんもどうしているのだろうな。

 

 

 

去年よりも…

旅の計画をし実行し
なかなか思う通りに行かず、でもそれなりにいろいろ
ハプニングのなか、何とか無事に帰ってこれて
そして旅が終わり

ああ、それもまた旅と思い満足し
振り返り
翌日も筋肉痛とともに振り返り
懐かしむようにまだ旅がづいているかのように感じるとき
それはきっとたぶん真実
ただ、違うのは日々の明けた朝にたどり着く地の約束がないこと。
旅の途中はなぜあんな安心感に満ちているのだろう。
不安なのは旅に出ていない安定しているはずの日々なのはなぜだろう。

今年旅もいくつか、レースも目安にしたくていくつか参加。

いままで前の年より速くなってきたけれど、今年はどうも…成長ではなく
劣化を感じています。そうなってくるとレースに参加する意味とは…。
まだできるという気持ちと、去年できたことが
できなくなってきているという実感とのはざま。

昨日も狙っていたのは200w以上だったのだけれど、思うほどパワーはでなくて、
遅くて、きつくて、歯がゆい。
初心者からいままでできるようになる過程が楽しかったな、
速さでいうともう身体を痛めるので、無理はできなくて
無理しないことでますます遅くなっていくのでしょうね。
しょうがないな、誰もが行く道。

とりあえず、今週末の磐梯吾妻スカイラインのレース
雨だったら、出ることどうしょうかとそのことを迷っています。

 

たまちゃんはぼくの横にいると幸せみたいです。

 

磐梯吾妻スカイライン下見

気分が晴れるキャンデー、つい購入してしまうなど。

今日は、久しぶりに自転車に乗りました、

来週レースなのに先週はむちうち安静で乗れなかったんです。

で、来週の下見に。

代車のワゴンアール、前輪外せば自転車積載可能。

行く前は、短いし去年は下から反対側までと反対側から上り返す往復したので

途中から途中までなら四往復できる計算でした。最低三往復だろうと

でも走り出したら、すぐそれ無理?と思い始め、やっぱり一回上っただけで

ふくらはぎや足首がが腫れっぽく、足裏もしびれていました。

途中200wがせいぜい、時にうっかりすると140wとか。もう話になりません。

 

自転車屋さんに預けOH頼んだつもりでしたが、ふたを開けてみると

ワイヤー交換とチェーン交換のみだから自転車の抵抗も増えているのかもしれない。

溶岩蜜芋300円でかいうまい甘い。こーひー飲みながら吾妻小富士眺める贅沢

で、もうあきらめておやつや食事を軽くして、駐車場がすいていたので

高湯温泉に入って、

愛子のさじ、によって帰宅。

さじでは店主さんたちと今後のことなどずいぶん長くお話しました。

詳しくは避けますが、ちょっと今年中のランチ営業は無理とのこと。

ぼくもなかなか行けなくなった事情なども話し、

ソフトクリームはまた食べに来ると。

うなじくんくん

 

失い懐かしみ

中学の時詩作を通しいつしか交換日誌、卒業後は文通のあの人はどうしているかな、願い通り医者になれたかな、

自分の知っているあのときの印象のまま、時間は止まっていて。
最近無性に会いたいと思うけれど、きっともうあのときとは違っている。

以前ひそかに好きだったひとと10年後かな、いまとなってはそれも昔のことだけれど
偶然出会って付き合うことになった、でもちょっとなんだかその時とは違ってた。

いろいろその時でなくてはならないことはあると思う。
時間はなにかを解決もするけれどなにかを壊す。

いろんな選択の末がいま、たったひとつの
文字通り道の選択を間違ったばかりにいま車を壊し、失意だけれど

何かを解決していく過程というのは、前に進む時間。
道の選択で人生がというとおおげさだけど違ってくるその過程の修正。

凹んでいる時間があるならなにかを直すことに使おう。
そうしているうちに前に進むと思う、ひとつ解決すると次に進む。

それがもがくことでもいいと思うんだ。
だんだん失うことにに慣れ、もしくは恐れて、大事にしなくなっていたことの修正。

なにかに執着することの悲しみをあきらめた後の、これからの時間。

 

相性の悪い庄内

庄内方面のライドイベント、ことごとく過去なにかしらのトラブルがあったため
相性わるいと思っています。相性とはなにかよくわかりませんが
他ではノートラブルなのに、ここらあたりだけ神様に見放されているかのような。
そんななかではあるけれど、月山ヒルクライムの参加を決めました。


ここ、ストラバ最下位なんですよ、ぼく。
二年位前、へろへろで、たぶん熱中症状態で登りました。
途中で二回か三回か休みながら登りました。
そんなに記憶の坂ですが…もう一度頑張りたいなと。
生まれ変わり旅がテーマの月山ヒルクライムらしい。
よくあの混む時期の日曜に路線バスも通るのに
山登りの人がたくさんなのに、半日封鎖できたなあと。
もしかすると来年なくて一回だけの開催になったりして…

いやいや、

ホームページを見るとそんなことはなくて地元に根付いて末長く開催していく大会を
めざしているみたいですので、そんなこと言ったらいけないですがね。
今年は、いろんな移動制限が解除されて、ヒルクライム大会がいくつかあるみたい。
楽しみです、去年みたいに直前でやっぱやめたとならなきゃいいけど。


街に出た時フルーツ大福というのを見かけたので
大福を買ってみました。宮町のあたり。

見た目はただの大福



フルーツといいつつ、パイナップルとか抹茶とかいちごとか
変わり大福のようでしたが。
モンブラン大福というのを。
453円。
たけーよ。
大福って100円で売っていて、内容に比して価値が低いと思っていましたけれど
これはたかい。
さっそく食べました、皮が薄くてとろーっと伸びて口の中で
かまなくても溶けていく。もち米だけのよう。
中身はクリームと栗がおいしくて、満足。
でもちっちゃ。

餅屋さんは相変わらず古臭い大福を作って売れないので数を減らし
和菓子屋さんも古式ゆかしどら焼きを作ってもあまり売れないのに
ニューウェーブの大福やどら焼きは高くても大人気。