うさぎとピクニック

うさぎと、自転車、田舎での日々

勝手なつぶやき

ピピンモデルとか

ネタがないわけではないですが、しつこくキネティックの話です。

好きなものはいくらでも語れます。

 

ピピンフェラ―レスという人ご存知ですか?

ぼくは知らなかったんですが、

先日オーバーホールに出して戻ってきたセイコーキネティックの時計です。

時計修理の人に裏の擦り傷消せないか言ったら、ピピンのサインだとか。

だれですか?
それで知ったわけです、ピピンモデルだと。

知らないのに好きで持っていたというのもなんですが、

ギリシャ彫刻みたいな筐体が美しいなと思って前に中古で買ったのでした。

なめらかなラインと輝き、エモい。

 

f:id:holonholon:20200803000526j:plain

このラインがエモーショナルであるということ以外に言葉はありません。



あと海の中で使うものらしく重量がけっこうありますが

でもつけていてバランスがいいので(ベルトがチタンなので軽い)

いやな装着感ではないというのも特記事項。

他のひとの写真ですが左側もきれいなライン。

f:id:holonholon:20200803000619j:plain

竜頭保護という実用面があるというのもくすぐられる。

リューズは左側についているのもこのモデルの特徴だしベルト込みでの立体デザイン

イルカをモデルにしたということですが、ぼくにはエイとかマンタに見える。

このデザイン考えた人スゴイ、時計で筐体をデザインしたものってあるのかな。

費用もかかってそうだし、これ芸術品ですよね、もはや。

ようするにべたぼれってことです。

 

つけていて誇らしいと思うのは、ぼくの場合ロレックスや

グランドセイコーではなく(もともと無理だけど)こういった

別の要素のあるものに惹かれるわけでデザイナーの語りもあればいいのにな。

仕事ではもったいない、

他につけるシチュエーションはどんなのだろうと妄想しながら、

大事に毎日ストレッチついでに、時計をもってふりふり、

電池を充電するのが日課です。

ときにたまちゃんを片手になでながら余った片手でふりふり。

 

時計にご飯あげる感覚。時計はそれに正確さで答えてくれるいい子たちです。

20年前のクオーツなので寿命が心配です、せめてあと10年はもってね。

 

二口峠往復

きょうは、早朝草刈りのボランティア奉仕の日だったのですが

すっかり忘れて、起きたらいつもと同じ6時過ぎでした。

 たまちゃんとひとしきり遊んだり気分は登校拒否生徒です。

でも空を見ると明るく、天気予報は確か10%の雨予報なので、

 これは行くしかないと、きのう疲労で行くことがかなわなかった

二口峠に向かいました、こそこそっと近所の目を避けつつ。

 

 

行きたいと思う場所はそんなにないのですが、二口峠は

行きたい峠。久しぶりの景色を楽しむ…余裕もなく

きついなあ、ギア足んないなあ、と思いながら12%越えの

坂を上ります、あ、さっそうと走る人に抜かれた。

速い人って軽々とペダル回していけるのなんでだろ。

ギアが重たい重たい。

 

展望台の当たりで数人のランナーに会い、走りながら一人に聞くと

山寺から電車で帰るとか、距離も40キロ以上だしすごいなあ

がんばって とエール。

f:id:holonholon:20200802185722j:plain

振り返って撮ったので山形側です。

峠までは意外に早く感じました。

ガスのなかなので景色も何にも見えないのですが

それなりに満足感をもって下ると、ぱああっと

例の下を見下ろせる場所で視界が開けて、車の人が止めて

写真を撮っていました。

ぼくはというとさほど感傷もなく、ただ下るだけ。

もしかすると車で旅していた時のほうが、ここまで登ってきたんだ

とか、感じていたかも。いまは感じている隙間がないというか

走っている時間別のことでいっぱい。

 

下りは快適、さっき抜かれたひとに追いついて抜いて

バイクにも追いついて抜いて、でも路面が少し緑色で不安なので

やはり押さえます。

 

去年そうしていたように天童高原やジャガラモガラのほうまで回ろうか

でも、モモもないし、あまりうろうろして店に入る気もしないので

なんとなくそのまま取って返すことに。いきなりだとあんまりなので

山寺を軽く一周して一応観光気分を味わってから。

持参したおにぎり一個がランチ。山寺もがらがらで

にぎわっていたのはジェラードやさんくらい。

下の川原で家族連れの子供たちが水着で遊んでいました。

寒くないのかなと思ったけど、8月だった。

 

さて山形側は気持ちがいい道なのでぐいぐい進みます。

あ、また抜かれた、思わずあれさっきも?

と聞くと会いましたね、と振り返りながらにこっっと。

前もどっかで抜かれたことあるようなシルバートレックの人。

 

何か所かえぐい坂がありますがいままでより速く峠についた気がします。

峠は小雨に変わっていました。

下りがちょっと宮城側は怖くて、ゆっくり、いつもよりゆっくりです。

滑るのと対向車がきたとき、安全に避けるスペースをあらかじめ

確保できるスピードでないと。

 

80キロ、4時間くらいで今日はおしまい。

でもこのくらいでちょうどいいかもしれないな

あまり疲労ためずに繰り返し練習するならば。

実際のレースも短時間だし。

また行こう。

疲労がたまる…

昼過ぎから雨予報だったので午前中軽く、走ってきました。

どこ行こうか、靴履きながら考えて秋保大滝かなあ

軽く無理のないとこでと。

 

走りはじめて、身体がなんだか重たくて…

パワーが入らず、いわゆる体重の4倍以上でない、

だるだるしながら、なんとか大滝までついたら雨が降り出したので

引き返したら、雨が上がり…というか降ってないので

また戻り、でもやっぱり降っていたけど小雨だしょうがない

二口のビジターセンターまで行くことにして、時計を見たら

10時半。

そういえば、10時半過ぎに開店する交流カフェがあったっけ。

f:id:holonholon:20200801212002j:plain

自転車を眺めながら

ちょうど時間が良かったので、入りました。

時間的にそばをちゃんと食べる気にはならなかったので

はっと汁と生チョコをオーダー。

いろいろと地元のおじちゃんに話しかけられ、

交流カフェだから交流しなくちゃと、いうことかな、

こっちもまあ話さないとと思うんですが…なにしろ自転車でどちらから?

いやあ…ほとんど地元なもので答えづらい、近くですみませんかという感じ

ずっとそこに?と聞かれても、いや10年前からと、相手の期待する言葉を

ー否定するとこから入らなきゃならなくて…話がつらかった。

次におばあちゃんがきた、山形いくの?二口?

二口ですか、今日は雨降りそうだし行かないんですここでおしまいで。

…話が終わってしまった、つらい。

f:id:holonholon:20200801212114j:plain

思ってたのと違くて、しっかりしたはっとのタイプでした。

はっと汁は自転車で疲れていてもかなり砂糖を感じるおぱあちゃんの味。

生チョコはじゅうねん(えごま)が入っていて、パフみたいでおいしかった

ちょっとの喉にひっかかりむせそうになって、セキを抑えるのつらかった。

出るとまた雨が降り出したけど、空を見ると仙台方面晴れているし

スマホ雨レーダーでもここだけだったので、スタート。

f:id:holonholon:20200801212231j:plain

はっとセットと書いてあったのでてっきりコーヒーとセットなのかと思ったのは内緒。

帰りにちょっとまた坂がきついの嫌で、ほんとにだるく

疲れがたまるのなんでだろう、と考えながらやっと帰宅

だらだら好きなルート走ったのに距離が3日間全くおんなじ43キロ

獲得標高こそ違うけど、時間は1時間30分ちょいと同じとかなんの偶然だろう。

 

明日も降るならちゃんと降ってくれないと、疲れて困るなあ

自転車練習

月曜、木曜日、金曜日に
1時間半練習時間取れそう。


いままで自転車の練習ってしたことなかったように思います。
練習とは繰り返し同じことをすること。

いままでは違う場所、未知なる場所を求めては探し走り
そして走ったという、行ったということを暖かく胸にしまって
ついでに速くなればいいという程度。

夏は参加することに意義があるとばかり、あちこちに
イベントやレースに出ていました。
旅行かねて。

けれど、今年はコロナでイベントが全くなくなったシーズン。
おまけにいまだに県外に出るのははばかれる風潮
なので、しょうがないから、近場ばかり走っていました。
思うとレースで出かけている間って実はその分走れなかったのだということが
わかりました。
二日間いい天気でもれーずで出かけていると走れなかったけど、
今年は走っています。

みんな同じかな。

あといままでと違うことといえば
同じ道を戻ることが多くなりました。
ひとつは、来た道と帰り道は、坂の印象が違うというのが面白いこと
そして、来た道は道の状況が分かっているので安心して走れるということ。
ログが汚くならないこととか、日帰り範囲で知らない道があんまりなくなってきたこともあります。

そういうことで、初めての練習シーズンのような感じです。
高校の部活のような新鮮味だし、
今までは疲労感は一週間で取っていたけど、できれば
1時間半(レースだとそのくらいかかるので)
走りたいとすると、翌日までには疲れをとることが大事になってくるので
繰り替えし日常化する中で習熟していけたら。

また転んだ。

また、倉庫から荷物をだしていて、脚を滑らせ後ろに転倒。

転ぶ瞬間に大丈夫かどうか判断できた。

大丈夫と判断できたので良かった、身体にへんに力が入ると

ダメですね、転ぶ瞬間、すじをやります。

これは普段その曲がる場所まで身体を曲げているかという

ことによる部分が大きい気がします。

ストレッチ大事、

そしていまは首が痛い、むちうちみたい。

またまた安静かな。

いいんです、どうせ毎日自転車に乗って張り切ると

身体を痛めてしまうから(トレーニングって身体痛める行為)

あまりやりすぎないほうがいいみたい。

自転車はローラー含め3日に一回くらいに抑えるつもり

そのかわりストレッチかな。

やり方わからないから、自己流。