うさぎとピクニック

うさぎと、自転車、田舎での日々

勝手なつぶやき

デルパソコン

雨が降ったり、雪が降ったり、青空だったり、目まぐるしい土曜。

でかける元気がないのでちょうどいいかな。

買ったノートパソコンの設定をしていました。

性能や安定性を思い中古でなく新品を買いました、

あまりなにも入っていないというデルに。

あまり余計な機能が入っていないほうが使いやすいんですよ。

f:id:holonholon:20211127153817j:plain

憧れの光るキーボード、セールで6万ほど。

それをバイクに積んで宿に持って行って夜にほそぼそやっていた設定の続き。

ドロップボックスと、エバーノートと、ファイアフォックスと、グーグルが

あれば即戦力としてなんとかなっちゃうものですね。

今は音楽ソフトのフォルダとして指定していたドライブレターの変更をしていました。

 

ウインドウズ11、どこから入るのかまあ悩みながら、迷路をたどりようやく変更。

わかりやすくなったような、ならないような。

拡張子の可視化はどうやるんだ??

フォントのインストールは?

まだいろいろかかりそうです、とりあえず、Jriver使えればいいや

あとは正月のお楽しみに。

と思ったら簡単に見つかってしまった。

わかりやすくそして、今だけかもしれないけど

スタンバイから立ち上がるみたいに爆速の立ち上がりはありがたい。

 

 

 

 

 

大沢温泉から帰路 バイクツーリング

長い夜、のはずでしたが日本酒呑んでだらたらしていたらあっという間に

だらだら時間は過ぎて行き、23時近くなっていました。

最近お酒を飲んでいなかったせいかそういつまでも飲めません。

音楽をイヤホンで聞きながら眠りに。

 

早く寝たぶん早く目が覚めまして、うだうだしながら明け方を待ちました。

いまごろたまちゃんぼくがいないことに気が付かず、朝ですよーと騒いでいるかなあ。

朝ごはんを食べに部屋を出て精算。9時ころに出発しました。

ルートは、山越えて湯田経由のつもりでしたが、どうも情報によると

鉛温泉から湯田に抜ける峠が冬季通行止めのよう。さらに国道107号錦秋湖のあたりは

地震のがけ崩れで通行止めみたい。

うーん

じゃあ栗駒経由でかなと、とりあえず夏油温泉あたりへの山すそを走ります。

ここ自転車で走ったら脚に来るだろうなという地味に繰り返すアップダウン。

平地なんてない様相は阿武隈三陸かという感じ。

300K越えてガソリンが心細くなっていたので夏油のガソリンスタンドで満タンに。

信号待ちしていなかったら通過していたし、その後スタンドなかったから危なかった。

ここからは自転車で走ったことある道というのが信じられないほど、

やはりアップダウンの激しい道で…バイクだと上下はあまり気にならず

左右のカーブのほうが楽しいのだけれど、自転車は左右は全く関係ないし

むしろ上下が。そしてその上下が激しいのでこんなとこ走りたくないと思いつつ

気が付けば、以前秋田からの帰り道で300K走った時に通った道でした。

自分でも信じられない。

 

行くときも感じたんですよね、300Kバイクて高速飛ばして6時間かかったんですが

走っていてもかなり遠く感じたんです、その距離を自転車で走るなんて無理でしょ。

(帰宅後、試しに往路ルートをRWGPSで引いてみたら300Kの獲得2500m…

復路は210Kの2700m…なにその楽ちんさ。おかしいよぜったいなにかおかしいよ)

f:id:holonholon:20211121101204j:plain

牧草地かな。



ここ通った、ここも通ったような…という記憶の後追いをしながらも

目の前の景色が早送りされるかのようなスピード感に頭がついていかない。

枯れ木…桜並木かな、その圧巻の木の下をくぐった時にははっきりいつ通ったかも

思い出していました、ここはあのほっとらいんを走った時。

この先に湖がある、一台も車がいないその真空状態のトンネルをかっとんだ先は

冬季通行止めでした。ああここもだめ、高速以外、秋田へ越えられないみたい。

f:id:holonholon:20211121100928j:plain

普段できないワルい置き方してます。

f:id:holonholon:20211121101019j:plain

普段は車がびゅんびゅん。

f:id:holonholon:20211121122029j:plain

みんなバイクの写真をなぜ撮ってんだろうと思ってました。

f:id:holonholon:20211121101053j:plain

ここまでくる車はぼゼロ





あきらめておとなしく自転車で走ったことある山すその道をたどることにしました。

細倉マインパーク、岩出山、そして泉ヶ岳。

泉ヶ岳まできたらちょっと好奇心から自転車で走りたいけどダートが怖くて

行ったことない道があることを思い出してバイクで行ってみることにしました。

坂道怖くない、ダートもゆっくりなら問題ないタイヤなので。

先行する車を露払いよろしく先行させて少し距離置いてついてきます。あまりつくと

プレッシャー与えてしまうからね、追い越したくありませんよのアピール。

 

やがて一台は光明の滝、そのさきの一台は白糸の滝で止まりました。

ぼくはどちらもスルーして、その先に向かいます。その先と言うのはこの道の続く先。

道は狭くなり、車はすれ違えない自転車がきたら危ないなあという感じに。

松の葉か杉の葉でバイクのタイヤもときどきずるっとスライドします、スピード注意。

やがてひょいっとスプリングバレーわきに。あれ?坂あったっけ?

なだらかな坂とも言えない坂しかなかったような…あっちからのぼるとひどい坂なのに

ならこっちから今度自転車で登ろう、間に数百メーターほどダートだっただけだし。

f:id:holonholon:20211121100800j:plain

ここだけダート。



そして見慣れた風景をやはり山すそをたどって走ります、

バイクにはだいぶ慣れてきて、いやー気持ちいい。

曲がり方というか倒し方も慣れてきました。

腰の下の筋肉を曲げると気持ちよくひらひらします。

カーブを遠心力とタイヤの保持とのバランスを感じながら

高次元でマッチングさせている状態から立ち上がりでアクセルを開いていくと

比例して遠心力から立ち上がっていく、それが絶妙に気持ちいい。

アウトインアウトというよりも、寝かせていくと院に倒れていくからむしろ

ラインより入るときのスピードと寝かせ方、アクセルオンのタイミングかな。

いやー、手放せなくなりそう、戦いねじ伏せるということがなく

優しいゼルビスは、すでに相棒となってくれたかのよう。

ただ、コーナー攻めている最中壊れなければ…まだその辺に不安感がありますね。

 

 

 

よくバイクが攻めている泉ヶ岳のダム脇を通ります、気持ちよく曲がります。

車よりやはりコーナースピードは 速いですね。

自宅へは、そのまま山裾の田舎の風景をたどっているうちに到着してしまい

あれ?うちってそんなに田舎だったの…となったのは意外な発見。

 

面白かったなあ。

ぼくのお客さんにバイク屋さんが新しくできたことは書きましたっけ?

古いタイヤなのでひびが入りかけているので、春ころには変えたいなあ。

オールドバイクな規格なので細目でタイヤサイズがなかなかないみたいですが

ミシュランからロードクラシックというシリーズの古いバイク用の

新しい技術のバイアスタイヤが出たみたいで、それよさそうと思っています。

ゼルビスなんだかいいです、なんてったって安かったからですが、もし壊れても

やはりV乗りたいな、以前は食わず嫌いでした、乗ってみるととても柔軟に使え

従順で、優しく、しなやかで、力もそこそこで、気に入りました。

ただ低速でエンジンはとことこ単発みたいに粘るのですが直進安定しにくいかな。

欠点はそのくらい。

 

来年白神山地とか、スーパー朝日林道とか自転車でいけないとこに、

バイクでツーリンクしてみたい、

バイク+テント泊もいいな。

 

あ、地名わからないんですが、はっと家さんがあって交番があって

セブンイレブンがあって郵便局がある、あのあたりの西むかい車線で

見たことないちいさなオービスみたいな箱が三脚台に置かれていました。

ちかくにおまわりさんがいて自転車少年をいじめていたので、もしかすると

あれが、移動式オービスだったかもしれません。

ぼくはおとなしくトラックの後ろを走っていたので、難を逃れましたが

ひとりで走っていたらまず間違いなく危なかった、気を付けよう。

あ、いやバイクはオービスはいいんだっけか、前にナンバーないし。

 

それにしても道は覚えたし、車少ないし、週末、荷物持ってキャンプみたいに

大沢温泉湯治、食堂ですきなものオーダーして、お酒飲んで見も知らぬ方々と無言の

一つ屋根の下シェアという、気分転換旅もまた暖かくていいな。

 

日常の外食ランチと同じように、こういうのがあるから生きていけるんだよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大沢温泉へバイクツーリング

バイクで行きました。当初、自転車以外の発想はありませんでした。

まさに自転車ありきの温泉だったのですが膝も痛く、疲労も溜まってきていました。

自転車に乗るとすると、平日は乗れないので休日に追い込むライドしかなくて、

するときついしもう今の時期寒さや距離や、不安しかないのです、実に。

今回も距離を測ると200kちょっと。もちろんルートの取り方によって違いますが

でせならまで走っていないところとか、山沿いを走り…いや走りたくないなとか

葛藤してしまうばかり。

 

そこを、買ってからほとんど全く乗っていないバイクで行くことにしました。

でもバイクと決めたらなんとまあ、気楽なこと、すっかり湯治療養気分。

久しぶりに楽しい休日となりそうと、わくわくしてこの週末を迎えました。

バイクに逃げたというより、バイクも乗らなくちゃたまにはね。

でバイクに乗ってツーリングと決めた後、ではどのルートで行く?

自転車とかぶるルートは走りたくないし、200k?3時間あれば着いちゃう?

というお気楽に考えていまして、当日11時少し前に出ました。

4号はちょっと…信号で止まるのがバイクあまりうまくないので嫌なんです。

自転車で止まって加速がいやなのと意味が違って、止まる寸前の不安定さが苦手で。

ホンダ(HONDA) ゼルビス | XELVISの型式・諸元表・詳しいスペック-バイクのことならバイクブロス

高速、どうせなら無料のをと考え遠回りして三陸自動車道で行くことにしました、

松島あたりから、釜石まで無料区間を通り遠野経由で、300kオーバー。

高速は気持ちよかったです、たた風が暴力的に殴りつけてきましたが

いままで乗った中ではハーフカウルのおかげで割と楽でした。

車に追いついては止まっているみたいに見える車を一瞬で抜きさりながら、

時々こんなに回していいのか、大丈夫かとバイクを思います。

エンジンブローしないだろうなあ…通常10000回転時々14000回転まで回します。

気持ちよく回るんですこれ。

でもタイヤとか、サスとか、クラッチとか、電装系やもういろいろが。

だって30年前のバイクですもの、ゼルビス

 

丈夫とは聞いています、平気でメーターが一回りするとも聞いています、

でぼくのは40000k走行なんですが、あれもしかして140000k走行だったり

なんかしちゃったりして?

みたいな不安もまた、ときどき浮かぶのでそのときだけちょっとアクセル戻して

おとなしく車の後ろを走ります。がやっぱりまたしばらくして我慢できなくなり

ぶおーんとね、加速するとこれが気持ち良くて、ストレスレス。

でも所詮250なので…それなりではありますが。

 

以前乗っていたRZは、今思うと曲がらないし乗っていてすごく疲れるバイクでした。

でもこのゼルビスはひょいひょい曲がるし、直進性もいいし、振動もなく楽ちん。

気が付くと信号で止まったかな、名前は聞いたことある仙北峠(トンネル)を越えて、

ほぼノンストップで遠野まで来ていました。

休むのを忘れてました。ほんとは遠野の道の駅のひっつみ定食食べたかったのですが

思った以上に時間がかかり、遠野に着いたら3時ころでした。なんでそんなに

時間がかかったんだろう、時速と距離の計算が今考えてもあわないんですが…。

しょうがないから、ローソン。もう日常の延長ですまるで。

サンドイッチとカフェラテ。もうライドそのままでちょっとさびしい。

f:id:holonholon:20211120174506j:plain

バイクスペース

せっかくなので道の駅で多田さんのソフトクリーム食べました。濃厚。

そこからもほとんど車がいなくて、ずーとひとりで前後なく走っていました。

速度はまあちょっと言えないけど、中央線は点線なので

前に追いついたらしばらく離れて走った後様子をみて抜きます。

ずーと坂の直線が前に見えるとき、自転車だとうんざりしますが、

バイクは楽ちんですね、アクセルを片手でひねる一瞬で見えてるその先に到達します。

そうそう高速のトンネルでは息を止めるゲームをしました。

90秒くらいは余裕で息を止めていられました、でも自転車だとすぐぜーぜー。

f:id:holonholon:20211120174629j:plain

レジ袋が風情を台無しにしていますな

遠野を過ぎて花巻をすぎて、気が付くとずっとまっすぐです、

最後のコンビニでお酒を今夜のお楽しみに買い、レジ袋をぶら下げて大沢温泉に。

16時少し前到着。

f:id:holonholon:20211120174549j:plain

ここに止めてと案内の方が指定。

相変わらずのレトロ満載。かやぶきの菊水館は地震で橋が不通になり宿泊は

できなくなっていました。以前2度ほど泊まれたのが今は思い出。

湯治屋に泊るのはほかの含めて初めてでちょっとどきどきでした。

となりうるさいかなとか、障子一枚のみ廊下大丈夫?とか、

f:id:holonholon:20211120175043j:plain

いつか使ってみたい、鍋とか食器はあるみたいです。

でも心配はとくに問題なかったでした、にぎやかな二階は大勢さんで占められていて、

一階部分の静かな通りがない5部屋をおひとりたまだけが(スリッパから推察)

泊まっているようで静かでした。

f:id:holonholon:20211120174722j:plain

きしむ廊下を静かにすり足。レトロと言わずして。

温泉はペーハー9もあるんですね、どうりでぬるぬるすると思った。

気持ちいいあったまる温泉で、こたつの中に入っていたら(レンタル料330円)足が

じんじんしびれていつまでもあったかいのを感じていました。

湯治とはいえ、部屋がレトロなだけで、夕ご飯つきのプランなので気楽。

この同じ建物内にある食事処が好きなんですね、なんでしょうねこの

あったかい感じの場所は。ホテルとかとは違くて家の中に居酒屋がある感じ。

刺身もですが、手作りのひっつみがおいしかった、塩味でそば粉みたいなひっつみ。

これがひと品有っただけで大満足の夕食でした。

f:id:holonholon:20211120174849j:plain

どれもおいしかったですよ、バイクだからごはんお代わりしたらだめです。

そして長い夜は新しく買ったデルノートパソコンの設定やダウンロードインストールで

忙しく過ぎていきました。念願のテレビを見ながら。

にしても、意外にあっけなくすぐできてしまって、

あとテレビはどうも人の妬みをあおる表面をなぞるニュースばかりでうんざりします。

f:id:holonholon:20211120174954j:plain

過ごしやすいけど角部屋なのでストーブつけました(660円)

温泉は二度入るとなぜ一度目の気持ち良さがないんでしょう。などと考えつつもその

温かさを感じながら、床に就きました(布団と夕食付プラン一泊5500円)。

バイクなので自転車と比べるとパソコンや寝間着や着替え、格段に持っていけました。

明日に続きます。

 

 

ライドちゅう脳内流れていた曲

ライドの最中、頭の中で繰り返し鳴っている歌があります。

そのときによって違い今回はこれでした。

ケイティペリーのNever Really Over

 

言葉のテンポがすごいなあって
早口すぎて何言ってるかわからないけどすごいなあって。

 

それと一か所だけ繰り返しなっていたのが

オリヴィア・ロドリゴ、 drivers licenseの一節。

 

 

両方とも毎晩バイト帰りの車、解放感に満ちた中で流れてくるAmazon music primeの

テイラースイフトを聴く人にどうぞというセレクトラジオから流れてきてそれから

ディープリピート。

2曲ともシングルになっているみたいでなりヒットしたみたい。

知らない人たちだったのでいまごろ新鮮な気持ちで聴いています。

 

 

先週のやり直しライド

先週タイヤのサイドが切れてチューブがはみ出しバースト

応急修理も適当過ぎて、1時間走った後さらに空気入れたら

バースト。さらに応急修理もタイヤがはまらずはみ出たチューブがバースト。

ということでこれ以上はやめとこう、走っているときにバーストしたらと不安になり

スマホで保険会社にレスキュー依頼しピックアップ、駅まで送っていただいた

その場所まで行ってきました。ただ自宅からだと距離がありすぎて無理なので

考えた結果、温泉(ライド後の熱い温泉がいつしか悲願)に入れるといいなあ、

遅くまでやっていて、車も止められる場所はないかと探し飯坂温泉になりました。

飯坂と自宅往復はなんどかやっているし。

 

23時まで日帰りやっている旅館がちょうどタイムズの駐車場所だったのでぴったり。

220k、朝寝坊してもさすがに22時までに帰れないということはなかろう、自分。

朝たまちゃんと遊ぶのはそこそこに、強めにマッサージ10分ほどで切り上げ

出発しました。5時半。飯坂温泉には7時前について、着替えて支度。

さて空気をいれようと、したら前輪がなかなか入りません、なんでだ?

と2.3回抜き差ししていたら、バルブがすぽっと抜けて空気入れのほうにはまりました。

えーそんなあ、今度は前輪かあ?またリタイアという文字がうかびました。

そういえば、これ抜けたときように回すキャップをはめておいたんだけど

ない!?こないだ置いてきちゃったかなあ。

他のチューブからバルブを抜いてはめればいいんだろうけど、それなら廃チューブ

どうしたかなあ

帰宅したら生ごみ袋から拾い上げる算段をしていました。

いまはどうしようもないからぐりぐり空気入れから引っ張って引っ張って

ようやく抜けてはめなおしオッケー7時40分くらいに出発。

 

まだ薄暗く、湯煙上がる温泉街を自転車でスタートしてのんびり走るというのは

なんだか妙な気分です、泊まってもいないのになんで自分はこの時間ここにいる?

写真撮ろうかと思ったけれど、まあ記憶の中にあればいいかと後で書きますが

そのままスルーしました。そういった場所は今までもこの後もいくつもありました。

でも感じたことは忘れるるからこうしてブログを。

f:id:holonholon:20211114174324j:plain

本日のエンターテイメント

とりあえず目指すのは、石川町のファミリーマート

走ったことない道をつないでルートをひきました、ただそこに行ける道をと。

本番は走り損ねた復路のルートなのでなるべく足を使わないようゆっくりです。

最近ゆっくりばかりで…。

あー知ってるここ、ここに出るのかあというところが今日もいくつか。

阿武隈山地の道って縦横無尽に交差していてまるで迷路みたいです。

以前通行止めになんどかあったとき、回避はできるのですが

その後どこ走っているのかわからなくて半分迷子です、アプリがなかったら

ちょっと走れなさそう。

f:id:holonholon:20211114174420j:plain

穏やかな阿武隈川



補給場所も限られるので、バームクーヘンとカステラを持っていきました。

100円の安いカステラはのどに詰まってだめだなあ。

途中小浜という町を通りました、水神様に稲穂が備えてありいいなあと。

このあたりに限りませんが、あちこちの小さな丘に鳥居が見られます。

山を越えたら、そこに小さな集落がかならずあって。

 

今日もたくさん上って下って、そしてだんだん足がへたってきました。

そこにどーんと600メーターの峠なのか、以前嫌だと思ったところを回避したら

やっぱりこっちも峠越え。斜度は12パーセントがぐいぐいと。

ぼくはよたよたと登ります、紅葉も気持ちいいな、これまで結構車通りある道を今日

走ってきたけどここは誰も来ないな、いいなあ、と苦しいのに深呼吸して満喫。

どんどん見晴らしがよくなり、光が水平に広がってきたらようやく峠越えでした。

f:id:holonholon:20211114174508j:plain

先週ここで2時間過ごしました。



さーっと下って、ファミマ到着。

ドアを開けて行くとき店員さんの「またおいでください」の声が耳に入り

いつもならなんてことないのに今日は複雑な気持ち、もう来たくはないぞ。

まさかこの後なにもありませんように。食材仕入れそう願いながら再スタートです。

すでになんだか足に来ていて、えーたった120kで?なんてこった。

あと100k走れるのかしら、といつになく悲観的。

4号をつっきり、須賀川越えてセブンイレブン。ここでもう頭がぼうっとしてきていて

食欲もなくなってきていて、あと何キロかなあとそればかり気にしていました。

あとこれから登る800メーターの土湯レストハウス

即効元気を半分入れて、あとアリナミンA、猪苗代東側の道で岳温泉に向かいます。

ここが長かったこと。だんだん暗くなって、本格的に暗くなって、真っ暗になって。

暗いと進んだ感がないのでどうも疲れるんですよね。

でもチャージを入れたのとそんなにアップダウンがなかったので

脚は少しずつ回復してきていたみたいです。ゆっくりだったせいもあるけれど。

 

やがてバイパスみたいな道が狭くなり、住宅街のなか左右に。

迷ってないのに迷っているみたいな気になり、どこ走っているの、教えてグーグル?

と聞くと大玉村だとか。ああ、じゃあ岳温泉まではこの道をただまっすぐなんだな。

そうとなれば覚悟はできました。あと500メーター登るだけ。

幸い急坂ではなく緩やかに4パーセント程度の登りがずっと続きます。

脚がやすまります。さっきダウンベストを着ましたが、汗もかいていないので

ジッパーを下げていました。気温は6度ほど。

ただ、寒さで膝がここまで痛んでいました。何年かまえ2月の向かい風の中頑張って

走ったら膝が冷えて傷みが出て、それからしばらく傷みが消えなかったので注意です。

今回は往路向かい風、復路向かい風、ときどき横風といういやなパターンだったので

気をつけながら強度上げないように(あげられないけど)走っていました。

 

だんだんアリナミンが効いてきたのか、脚が回るようになってきました。

コンビニによって、食べたいものがなかったけどポテトサンドと紅茶花伝

補給明日後、しばらくして峠到着。

ほっとしました、そして下り。えーあと10キロほどで飯坂温泉なの?

という疑念もありましたが結果から言うと近かった。

途中トンネルは自転車通行禁止のため迂回したら、真っ暗で荒れていて

動物がでそうで怖かった。なにかあっても絶対翌朝まで見つからない自信ありました。

その後はなぜか復活、というかここで足残してもしょうがないので下りだし回す回す。

やっと平均時速を20キロ台に戻せて、飯坂温泉まであっという間。

20時半くらいかな、予定より遅れてしまったけれど

目的の温泉には無事入りました。

f:id:holonholon:20211114174542j:plain

走っている時、こんな夢をみていました。



伊勢屋旅館、この時間は入浴料1000円とのことで素泊まりは5500円とか。

古い建物でしたが、下足番のおじいちゃんがいたり昔の熱海みたいで楽しかった。

日帰りなのに露天風呂の入り口まで案内してくれたのには驚きました。

なんて丁寧、初めてでしたね、そういうの。

そしてお湯は単純温泉ですが、あ゛ーぎもぢいい。でした。

熱かったけど、離れたところに行くとちょうど良くて。

満喫していたら、若者がぞろぞろはいってきて、いつもちんちんかゆいんだよなあとか

いう内輪話がうるさかったしまあ温まったので、でました。

そして近くの居酒屋に歩いて。ここのギョーザがおいしいんだ、と2000円持って

いそいそ小走りででかけたら途中に二人乗りの自転車が置いてありちょうど

おじいちゃんとおばあちゃんがラーメン屋さんから出てきた乗るとこでした。

へー仲いいな、でもけっこう重たいし曲がらないし乗りにくいって聞いたけど

大丈夫なのかな?と思ったら、前後無灯火で道の真ん中を結構なスピード

で走っていきました。車が来たら左によって止まってた。大丈夫かなあ。

f:id:holonholon:20211114174632j:plain

おいおい



で肝心のギョーザ屋さん。材料なくなり売切れ。

f:id:holonholon:20211114174706j:plain

お風呂の前にジャージで餃子はないだろうと後にしたが

しょぼんとしてしょうがないから有名店の照井に。

こちらもぼくが最後のお客であとからのかたは売切れたと断られていました。

22個の一人前を頼んだのですが、まえとおんなじ?

少し揚げが強くてぱりぱりで、具が少ない。

ちょっと食べきれなくて念願ではあったけど半分残してお持ち帰りにしました。

f:id:holonholon:20211114175427j:plain

以前はもう少しやわらかくジューシーだった気がするけど

執念とかリベンジとかではなく、し残したことを拾い上げに行ったというだけ。

行きたい道を自分の足で走っておきたいんです、いつまで走れるかわからないから。

旅以外もう200K以上走ることも減るかなあ。旅にしたって200キロがちょうどいいし。

練習なら100Kで十分だと思うようになってきました。

 

写真も今後減っていくと思います。ブログ書いていなかったらスマホですら

写真も撮ることないかもしれないと思う、残すことの意味のなさを感じています。

カメラは好きでいくつか銘玉と言われるレンズももってはいますが、取る意味が…

それに。撮ってだししか脳のない自分であとであれこれやるのはインチキぽくて、

化粧みたいなものはやる気になれないしきりがない。若い人は抵抗がないようですが。