うさぎとピクニック

うさぎと、自転車、田舎での日々

勝手なつぶやき

趣味の時間

25年くらい前の無垢板キャビネットがやたら頑丈なイタリア製スピーカー、
叩いてもコツコツとしか響かないので、密閉と思いきや意外にバスレフ。

f:id:holonholon:20191018213532j:plain

メーカー情報は全くない謎ブランド

バスレフだとバイオリンのごとく木で響かせるほうがいいような気もするけど。

音は、頑丈なキャビネットなのにあまり大きくしたくない圧迫感。
この後にセレッションを聴くとそれはますます
同じアンプ、DACということでスピーカーの違いが明らかです。
セレッションはもっともっと大きくしたくなる。

f:id:holonholon:20191018213627j:plain

イギリスのセレッションSL700

静けさがなく暗騒音とでもいうか、響きや音の広がりが劣るので
あるいは小さい音が再生できていないんじゃ
確かに低音はものすごいからオンマイクにはいいみたい、

微弱信号への反応性が悪いまかとエッジを触ってみると、かちこちん。

で、ゴム製エッジに使える軟化剤のようなものを探して
(エッジにはゴムのほかにウレタンや布製があり、反応はウレタンがいいけれど
もろくて劣化しやすい)吹き付けてみました、
最初は綿棒で慎重にすこしだけ。

三日して特に変色なく手で触ると柔らかくなっていたので、
そのままスプレーを大胆かつ慎重に。
さらに二日置いたらかなり柔らかくなったので、音を聞いてみると
果たして、うん、まあまあ聴ける、
聞き惚れるほどじゃないけどセレッションもこんなものだったかな
長く聴いているとわからなくなってきます。

効果は感じたので他のスピーカーのゴムエッジのものにも
吹き付けてみます。古くなり固くなる前に。
もちろん大事なセレッションもゴムエッジだったのでしゅーっと。

京都の家具職人にオーダーして作ってもらったseasユニットにも。
あ、なんかこすったらエッジがはがれてきた…。
もともとエッジに切れ目が入っている北欧の珍ユニット、
そこから液が接着部に入ったみたい、これは失敗だったかな…。

大事なスピーカーなんだけどな…。

f:id:holonholon:20191018213705j:plain

破けた…

(後ろのソニーSS-G7は布エッジとの情報なのでなにもせず)

さて元に戻りゴムエッジを軟化させたイタリアスピーカー
セレッションと聞き比べてみたら、やはり明らかに違う。
ダイナミックレンジが詰まっていて、声が伸びない。
天井が低いとこで窮屈な感じ。聴いていてとくに感動もない。
これはだめだな…
家具みたいで見た目はちょっといいんだけれど。

塗ったセレッションはというと次元がますますグレードアップ。
別の曲みたいに、じーんと聴きこんでしまう。
惚れなおしました、消えゆく静かな音の響きが空間に満ちます。


今日のアルバム。

f:id:holonholon:20191018214048j:plain

ビリーアイリッシュ

若干17歳のアーティストとか。
艶っぽい声とウエットなサウンドは元気が欲しい時にいい。
いろんなものを壊していく若いパワー。

歪成分混じりのサウンドは若い世代には新しいのか?

さんざん歪に悩んで克服してきた世代にはちと負担です。

 

台風の週末

家からほとんど出ずにこの週末を過ごしました。

ほんとに台風くるのかな、ずいぶん先のことをニュースで言っていて
ほとんかな先のことを知りすぎるのもどうなんだろうと
思っていました。
テレビもなくラジオは車を仕事で運転しながら流す程度
新聞は先日とるのをやめたので、世間に触れることが減りました。
入ってくるニュースソースが少ないため敏感です。

穏やかな木曜、金曜日、そして迎えた土曜の朝。

午後には雨脚が強くなり、夜には風も。
沿岸部や南部と違いさほど強くなかったのですが
それでも朝、生きた木の枝がいくつか折れて飛んでいました。

f:id:holonholon:20191013211626j:plain

裏庭、白糸の滝のように山から水が流れてきていました。

その後もあちこち分断されているという情報だったので結局二日引きこもり。

もともと長距離ライドで西に向かいフェリーに乗る予定だったのです。
それが体調不調で自信なくしてキャンセル。
いまとなれば台風で船も欠航だったので、どちらにしても走れはしなかったわけで。

で来週はというとその代替旅として予定した磐梯行きのきついコースを
組んで予約していたこれも先週の怪我で、先日キャンセルしていました。

もちろんこの道路状況で磐梯なども通行止めになり、予定の山道は、
どちらにしても行けるわけもなく…
さて、これはなんにしても走れない。

なんでしょうね、たまにこういうことあるんですよね。

 
そんななかあの、にっくきあぶくま駅のあたり台風の雨でどうなっているか、
あの一角だけ川が狭くなっているので、心配していました…

ローラーでリハビリ開始しながら虎視眈々と丸森リベンジ計画練りつつ
来週丸森に行こうかと思っていたのですが…これまた。

 

追記:あぶくま駅、流失したとニュース。

なんだかショック。

 

 

run walk できないので自転車

平地歩くの苦手で、いまだにいや昔から平地歩くとすぐ脚の関節が痛みます。
大学の時、同級生が実家の気仙沼まで歩いたと聞いてと、
我もといきこんで歩き始めたけれどものの一晩、福生から寄居あたりまでしか歩けなかったんじゃないかな。
真っ暗な峠を怪しい車の誘いを断りながら(とあるタイプの男性の声掛けが多いです)
駅についてベンチ脇に(うえだと落ちる)シュラフを広げ仮眠して、
始発で帰ってきた挫折的記憶。

そういえば気仙沼で小学校教員になった彼はいまどうしているんだろう、無事だったのだろうか。

なんだろうな、登山口のアプローチの林道を1時間2時間歩くのも苦手だった。
不思議なことに足を高く上げて登る登山はいくらでも歩けたのに。
いみじくも自転車は脚を高く上げるので自分に乗れるのかもしれない
それほど遅くもないし、よく聞く膝の痛みというのもないので。

弱ペタというアニメを見ても、スポーツの何々には挫折、駄目だったけど
自転車は人並み以上に乗れるという登場人物が多い気がするです。

いまは、自転車も乗れないので
怪我しててもできる体重維持と呼吸をあげるため膝の屈伸などして維持努めています。
よくプロは、冬は休むとか休息も必要とかいうけれどもともと
そんなに休息するほど日々練習などしていないので。
むしろ球技スポーツだと1日休んだら取り戻すのに2日かかるとか言います、
それに近いかな、せめて維持。

できることを大事に少しづつ前に進むしかない、限られた残り時間。

 

カウンター越しの会話

本日のランチは。

店に入って、カウンターに座り
黙ってスマホをいじっていて出てくる本日のランチカレー。

f:id:holonholon:20191010205511j:plain

肉は辛口、カレーも辛口でした

他にお客さんが何人かいて、話を聞くでもなく
聞いていました、両側のお客と中の人との会話で
ぼくは挟まっていた席だったので、必然的に。

客:みんな公平なの?
中の人:ううん、不公平、ひとによって量とかよそい方変えているから
不公平だけど、それで公平。

客:酒粕たくさんあるけどつかう?
中の人:どうやって使えばいい?
じゃあ使うから持ってきて。

客:丹波栗たくさん畑にあるから持ってこようか?
中の人:いいの高いんでょ、

客:使い切れないんだよみんなひとに上げてるから。

 

中の人:捻挫とか、打撲はお風呂入っちゃだめよ
よくつけないようにっていうけど、つけなくても血行が良くなって
詰まったとことに流れるから、むくんだり腫れたりする、
だから腰湯とかもダメなの。
客:へーそうなんだ
ぼくの心の声:う、会話に入りたい…一昨日お風呂入ってちょっと傷口悪かったから
昨日腰湯にしたんだけれど、それもよくなかったか、
道理で毎日痛みがひかないわけだ。

 

中の人:タンタンメンみたいに全部乗っけちやった
心の声:この肉ナニ?カレーの量多いよ?。

中の人:コーヒーなにか入れたっけ?
ぼく:入れないよ、大丈夫。


ぼく:ご馳走様、600円だっけ?上がらないの?
中の人:そう600円、上がらない。

さて今日もよくわからないカレーでした。
思わずほかの客の会話に入りそうなとこといい
街中の店っていう感じじゃない。
どこかの店に似ている…。
この店、夜はシャンパンハウスジビエ料理の店らしくて
一度夜に行ってみたいと思いつつ、いつも謎ジビエカレーばかり食べています。

 

あと風呂に入るってあったまると水分だけでなく
汗が傷口についてなかなか湿り気が取れなくて乾燥しにくいので
治りが遅くなるみたい、毎日血が長袖やシーツについていましたが
ようやくー乾燥してきました。