読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

各部調整

自転車


夏油ヒルクライム2017も開催が決まった様子。

参加に迷っています。
今年はいまのところ、会津だけは決めていますが
あとは、どれも迷います。

夏油は時間的には短いし、傾斜もさほどではないので、
でない理由はないのですが
まともに練習できないので、
去年より確実にパフォーマンスは落ちていますし
集団でのレース的要素が気持ち的にハードで…

いやそれより、がんばる=痛むということで
やるぞ、という気になれないのが一番の問題かな。
まずは治らないと話にならない。

クリートを少し深め、少し内むきにして
足首、アキレス腱保護に努めてみよう。
トゥクリップよりなんとなく、足の高さが
減ったような気もするので、サドルも下げてみよう。

大事に抱えるもの

うさぎ 本、映画、音楽

今日はなにも書くことないと思った夜でしたが

ふと。

アンヌドゥルートミキルセンを寝る前にかけたら思ったこと。

 

まきストーブと
石油ストーブは室温は結果として同じなのに
何か違うんですよね。

普段は、石油ストーブだけですが、

まきストーブと薪は大事にはもっていたい。

 

石油の風呂とガスの風呂、出来上がりのお湯は同じ温度なのに
なんで違うのだろう。
そのなにかはなんでしょうね。

 

ほんの小さな違い。

そこを大事にすると、世の中から
浮いてしまって、さらにお金もかかる。


大事なものがすれ違うひとと付き合いもできなくなるので

とても社会の中で居場所がなくなります。

だから自分で大事なものを大事に抱えられる場所を作るしかないのですが
家でも外でも、その方法がわからないのです。

 

本当と思える好きなものを買い
好きなものに囲まれていることしか。

ヲタクと呼ばれるひとと、なにか近いのかもしれません。


けれどそれは物質主義ではないし
欲でもなく、ただ、作った人との無言の会話であるような。

 

命あり、言葉ができないのに
触れ合い会話ができる相手がいて、その喪失は
なにか自分の大事な部分を失ったようで。

いまだに。

 

すべてはかかわり方であるし
かかわった時間の濃さなのかなと思う。

燃料の場合は、持つもののエネルギー、カロリーの大きさで
最大にしているか、余裕を持っているかの違いということでわかるけれど。

命はわからない、その相手の存在。

唯一無二のその命。

 

 

そらちゃんの最期に一緒に聴いていたアンヌドウルートミキルセン。

いまいちばん、聴いている音楽

あと、不思議に最近惹かれているのはラヴェル

そのひとつひとつの楽器を大事に生かす繊細さ。

モーリス・ラヴェル - Wikipedia

 

 

 

 

 

近場サイク

自転車

仕事が午後からあり、天気も怪しかったので、
ぐるぐるといつでも帰れるコースにしました。

まず定義へ。

タイムは計らない、遅いのはわかっていたので。

ついた。

f:id:holonholon:20170326205337j:plain

温かい豆乳100円。

豆乳って苦いものだったっけ

すこしあったまる。

f:id:holonholon:20170326205420j:plain

秋保大滝にむかう。

ついた。

f:id:holonholon:20170326205450j:plain

その名の通りのレストハウス
自由にあったまりくつろぐ

f:id:holonholon:20170326205504j:plain

次に滝見台まで降りて
大滝茶屋
豆腐屋さんの経営なのだけれど
豆腐関係はあまりない。

f:id:holonholon:20170326205522j:plain


おしるこ。
500円だったかな
あったまった。

甘いものを食べると歯にしみる。


いつもの団子やさんはきょうはパス。
さすがに同じはなしを振られ
毎回初めて聞かれた振りするのは飽きた。


西仙台ハイランドへの通称「自信喪失坂」を越えて
新しい道を探していこうと思ったら

f:id:holonholon:20170326205645j:plain


途中で引き返す。

 

それにしても風。。

 

クルマでふだんひょいっと行っているとこなのに

自転車だとけっこう足に来てずいぶん来た気になるこの疲れは情けない。

 

週末の夢

そのほか 自転車

土日の夢をみながら
ようやく週末入り口までたどり着く…という感じの
今日、金曜です。

毎日、自動車で仕事をしています。
ほとんど歩かないのですが、事務もあり
神経も身体も使うので、
毎日仕事後にはそれなりに疲れて
自転車に乗る気がなかなかしません。

そんななかふと目に飛び込むのは、ヤマト宅急便の
自転車配達部隊。
重たいリヤカー引いてペダルこぎこぎ

仕事しながらトレーニングならいいなあ、
一石二鳥だと思って、じゃこの人たちが
レースに出たら、速いかと
いうと、たぶん速くはないでしょうね

 

それはなんでかと考えると
追い込んで乗っていないからでしょうか。
追い込む、というのを
できること精一杯と、いいかえると

 

うーん、そしたら、
ぼくも、そんなに追い込んでいないかな

 

いま自分ができること、持っていることのなかで可能性があるなら精一杯と
いうことでやってきたけど、
このごろどうも、甘くなっているような

 

疲れているけど、あちこち痛いけど少しずつやらなくちゃ。

とりあえず、夜スクワットと、前屈がんばる。