うさぎとピクニック

うさぎと、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

年末ライド計画

もうあと数週間で年が終わる…。
カーラジオからバレエ音楽ボレロ」が流れてきて、
それを聞いているうちやがて焦りにも似た思いがわいてきて、
やっぱり夜の国道を走りたい、せっかくの休みに走らなくちゃ。


ひとがいない深夜、しーーんとした国道、どこまでも、静か。
スピートメーターも見えず何キロで走っているか何キロきたか
自分の位置まで見えない、そんな浮遊感のなか、
それはおととし走ったときの未達成なままの経験。

去年は足と腰をいためて冬はひきこもり、
今年は、距離をさほど走っておらず、
100キロ以上走ったのは、五回だけ。
しかも二年前乗り始めてからまだ200キロ以上を走ったことがないという、
そんな自分の殻を破りたいなとも。

 

この間4時間エンデューロを走って、なにか世界が開けたような気がしたんです。
たった4時間だけれど、それはとても長く濃い4時間でした。

身体、筋肉、胃、頭、それらを頑張って配分して走った、そういう風な
なにかをしたということすべては経験で、次への道がそれで開けるという体験。
具体的には今回は、20時間で300キロ走る旅、

その動機付けは深夜の国道を走りたいということ。


道路事情についてはまだ経験が浅いので
行はひたすら四号線で小山まで行き、帰りは新幹線で輪行ですが
世間は帰省で混雑するころ、自由席ではもう自転車置く場所もとれなさそう、
なので、指定席の予約もしました。念のため日にちをずらして二枚予約、
天気次第で一枚キャンセルという作戦。

(調べると五列席や四列構成があったり電車も奥深い)
あとは天気をみながら出発して新幹線に間に合うように走ること。

 

おととしは雨のため、朝、福島県内で途中挫折したけれどそれは今回の練習で、
今回 走ったことかない300キロを無事走り切れたら
高校のときの自分を越え 未体験を経験に変えられるわけで、
つねに、なにかの体験は次への練習になると、そんな風に思っています。
今回、これができれば、次にしたいこともあるので、
いつまでも立ち止まってはいられない。

 

 

蛇足ながら次にしたいことというのは
400キロを走り、一路ふるさと東京へ。
子供のころ一生懸命走った国道六号を走りたい。
そしてやはり上野秋葉原へ。走るたび未知の世界がひろがっていったあの

道、距離を確かめに行ってみたい、自転車で。

 

前をひく、ひかない

なんかね、好きでね

かっこいいなと思うのですよ。

そんな風な勝ち方ができるということが。

ただ、だれがだれで、どういう人なのか

さっぱりわからないのではありますが。

 

日曜閖上朝市二度目

閖上に、水餃子を食べに、自転車で。
R286号は、日曜でもなかなか自転車と車の
共存がしにくい感じ。
かっとんで、あとへたれる。
名取川、土手道で風もないのに意外にスピードがあがらず

思い返すと、国道でインターバルしたせい?

土手の平地では時速33キロがせいぜいで、どうしてだろう
来年のタイムトライアルに一抹の不安。
今年のT.T.時速36キロ程度のアベレージで
走り切ったのは、夢だった?

パールイズミの長ビブが少し重い、とか
タイヤの空気入れてくるの忘れたとか
大き目の服のせいで空気抵抗が増加?
気温低下で空気質量が増加してる?とか、いろいろ考えてみたけど。

結局筋力不足なんでしょう。

f:id:holonholon:20171210204529j:plain

1時間10分くらいで閖上について、水餃子。
サービスでキムチとチャーハンつき。
400円は安い。
おいしかった。

 

帰りに頑張って、往復アベレージは27.4km/h
いつか、30km/h越えられるかな。
地形の関係で帰りに2kちょい落ちるので、行きに33kくらい出すと考えるとまず無理。

 

だらけた休日

どこかに出かけようと思ったけれど
とくに目的にして行きたいところはなしと
いうのは困ったもので。
あいにくの雪のちらつきをみて
すっかり残りの仕事モードになってしまった。

 

昼過ぎに仕事を終えた後、
さてなにしよう。


なにもしたいことがなく
しなくてはならないことは、先に延ばして


ぼうっとしているうち、どうせぼうっとするならと
ストーブに火をつけてみた。
燃える火をながめてると、

なにか重大な使命を仰せつかったかのように安心してぼうっとできる。

f:id:holonholon:20171209135254j:plain

ガラス掃除しなくちゃ

ひとしきりの後、だけどそれも少ししたら飽きて、おなかが減ったので
なににしようと思ったら、目の前にお茶漬けの素が
ひとつだけあった。
そういえば、以前これとバターをいれるとむちゃうまという
レシピをツイッターでみたことを思い出した。

f:id:holonholon:20171209135237j:plain

やってみた。
期待してはいなかったけど、なんの味がわからないほど
なじんで、インスタントぼさがなく不思議においしかった。
抹茶とレモンを入れたら、レストランで出せるかも。

さて簡単なご飯作ってしまって、
あとなにしよう。

 

年末に備えて寝よっかな。

 

フィンランド展

f:id:holonholon:20171208225916j:plain


仕事の隙間がふっとできたので、宮城県美術館に。
「北欧風」 ではなく デザインの根底にある 技術 や歴史
思想を背景とした本物をみたくて。

いま家にあるスツールやガラス食器は
あきらかに、模倣でした。
フィンランドの名前忘れたけれど、巨匠の作品とそっくりで。

あと、おまけですが、
こういうのはたまにあって、前日たまたま観た映画が
ノルウェーの高級家具販売店が倒産しその社長が、
恨んでスウェーデンの「イケア」の創業者を誘拐するという映画
「ハロルドが笑うその日まで」という…偶然。

それにしてもイケアがよくこの映画、許可したなあ。

創業者役の俳優がまたそっくり