うさぎとピクニック

うさぎと、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

鳥海高原ライン

日曜、秋田県由利本荘の「サイクルロードレース」(クリテ)に参加してきました。
そのレース前日のことから書きます。


調子よかったはずの裏磐梯でのへろへろレース、
それと先週寝ている間にぎっくり腰、
精神肉体いろんな意味での
リハビリをしたくて、走りたいところを走りました。

鳥海山にはよっつ、登山道に接続する五合目までの山岳道路があります。
そのうち西側のふたつはブルーライン、これはいままで何回か登っています。
北側にある矢島からスキー場までの路は、来年矢島カップとして参加予定ですので
いまはとくにまだ。
今回、南側にある、鳥海高原ラインに向かいました。
できたら、ここから登山もしたかったのですが7時間の山行をこなすには
予定が詰まっていて足首や腰の具合もあり、いずれいつか…

土曜、国道344号経由、
使われている水車があたりまえにあり風景がのどかに広がっていました。
五合目まで車で朝10時につきました。
山スキーを担いだ人が登っていくので、山を見上げると
紅葉と混じって、残雪が結構残っていて、こんな風景、
北アルプスにもない、驚きです。
カメラマンは山裾に超望遠レンズをむけてデッキチェアに座り
シャッターチャンスをひたすら待っています。
いろんなひとたちがいますが、
自転車をおろしたのはぼくだけ。


そこからいったん下ります。
この最初に下るという儀式みたいなものは、
ちょっと嫌ですね。
こんなに下るのか…と嫌になるんですよ、
下りに飽きてくるというか、これをまた登るのかという
登ってないのに、最初から苦労が見える感じ
ただしメリットもあります、
山のうえにクルマを置くので、補給基地がある
予め、さきの道がわかる安心感、かな。

さて、途中にローラースキーで登っている少年たちとすれ違います。
ぼくはさらに下り、
橋のところからスタート。

f:id:holonholon:20170924193235j:plain

ここから15キロくらい高度1200メーターのゴールむけて登り始めます。
と、あれ?
フロントディレーラーの調子が悪い、25.27Tで、がらがらと引っかかる。
道具がないのでしょうがないから23Tまでの縛りで登ります。

f:id:holonholon:20170924193316j:plain

そんなに風もなく、急坂でもなく走りやすい
なにより車が全然来ません。
山を登るにはもう遅い時間だし、行き止まりだから
ドライブという道でもない。

f:id:holonholon:20170924193333j:plain


ぐんぐん高度を稼ぎ、海まで見える景色を堪能しながら
途中、ローラースキー少年たちを追い越しながら聞くと

山形の金山町からクロカンの練習に来てるんだとか。


クルマとはとうとう一台もあわず、
70分でつきました。

いやーいい道でした。
ここでレースはたぶんできないと思うけど
(登山者は遠方から封鎖知らずくるし代わるルートがないので)

近くにあったら何度でも登りたくなる、そんな道。

そしてそのあと、お気に入りの店
とりやさんで、地魚ランチ。

f:id:holonholon:20170924193357j:plain

そのあとこれも前回ここに来た時にバイパスを外れ
迷い込んだ街道の町がいい感じだったのでこの金浦という
漁港の町に投宿。

f:id:holonholon:20170924193415j:plain

安くて、料理にも満足で
古いけど、清潔で、おまけに朝ご飯を
6時から出してくれて、
ほかに泊まっている人がいなかったので部屋も三部屋、
くつろぐ部屋と、ごはん食べる部屋と
寝る部屋と、みっつ使わせてくれて、
ちょっとこれは、驚いてしまいました。
お掃除三つしなくてはならないから大変だろうに…。

一泊二食6300円

また今度ここに泊まろう。
にかほ、また好きになりました。

 

 

 

ガウチョパンツとか、タイズボンとか

f:id:holonholon:20170922211030j:plain


なんだか生きることに 飽き疲れることもあるけれど
なかなか新鮮な感じが がんばろうという気にさせてくれる

こんなに 服をえいやと着るのは初めてなような気がしました。

初めてのスーツやレーパンも さほどでもなかった気がしますが
この、ガウチョというズボンみたいなスカート
いやスカートみたいなズボン?
太ももから膝まで自分の左右の足のぬくもりを
感じる感覚がなかなか刺激的です。
涼しそうでもあり、温かくもあるような。

今日は素敵なファッションですねと何人かの
女性に言われたことがうれしかった。
むかしからそういえばスカート履きたかったな。
ちなみに女装趣味などはありません。
コスプレとかの変身願望もないし
毎日同じ服を着ていても飽きないきわめてノーマル。

 

自転車キャンピングカー

うー

欲しいというか、いいなあー

とよだれたらしてしまう45万円。

 

ただ実際、75キロを引っ張るということの重さ…

なら、テントでも同じじゃないかという気もしますが

そこは、まあライフスタイルへの憧れみたいなものかな。

 

たとえば、ホンダジェットや、S660に憧れても

購入に至るそういう生活をまず、していないのでした。

 

 

いつもの定義山

土曜夜更かしのせいか朝起きて、どうもよくない体調。
それでも、天気はもちそうなので少しは走らないとと、
いつもの定義山(やまじゃなくてお寺に対する敬称の「さん」の当て字)
へとお昼前から行動開始です。

のんびりとタイム測らず…
の、つもりがやっぱりある程度の強度でスピードを出してしまうのは
癖なのか習性なのか。

普通のひとは参道で三角油揚げを食べるところですが
ぼくはあまりおいしいとも(豆乳苦い)懐かしいとも感じないので
いつもの、カフェに立ち寄ります。

続きを読む