うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

満タンにできなかった

ガソリンスタンドによりました。
いつも自宅に戻る途中のラストスタンドで満タンにして
次回は、金曜に仕事の途中にやはりラストスタンドで満タンにして
土日に備える、というのがルーティン。

で、今日は満タンにできませんでした。
むきっ。

 

田舎のセルフJAスタンドなのでそんなに混んでいることはなく今日も
だれも先客がいなかったので、いつものように給油をはじめました。

ところが、入れ始めたとたん「給油のお客様、これから火災訓練をはじめます
ご協力お願いします」…給油のお客様って、ぼくか
ほかにだれもいないんだから、ここに来て言えばいいのになと思いつつ
気持ち無視していれていました。

そしてすぐ、「一番スタンドで火災発生」といい、ふーん。
と思ったら「給油をやめてすぐ避難してください」
えっ。

やめて避難という指示?

これは強制に近いなあ、
係員も明らかに照れた様相でおっとりながらも来たので、
しかたなく、途中で給油をやめて、
車で道路に避難しました。
金曜までもたないぢゃないか。

これはあきらかに避難訓練のカモを待って始めたな…。
と、いまになって思うのでした。
なんか腑に落ちない。
内輪で客を想定してやってくれないか…。

f:id:holonholon:20170627221800j:plain

満タンにしようとして満タンでないこの写真。

あと、この車は左にガソリン給油口があるというという▼マークが
ついていますが、右側にある場合はスタンドマークの右側に▼マークがついています。
どの車にもあるみたいなので、いろんな車に乗る人には役に立つ知識でしょうね。
でもホンダは全部左側のようですし、あと、身もふたもないこと言えば
スタンドのホース、大抵ぐにょーんと伸びるので間違って停めても
右側のホースから給油もできます。
この知識は給油レーンが混んでいる時役に立ちます。

 

一日おきに10分

今週末のタイムトライアルの出走順リストが送られてきました。
知人の名前、今までレースで競った人の名前。

今日、1センチほどサドルをあげました。
TTポジションの定石に従ったわけですが
試しに、下ハンドル持とうとしたら、
痛みで腰がそこまで曲がらない。
固定ローラーにTIME機をセットして準備はしたけれど…。
この週末までせめて一日おきに10分は乗りたいです。

f:id:holonholon:20170626224302j:plain

夏油は本気モードの方が多いので、ちょっとびくびく。

 

 

 

f:id:holonholon:20170626224241j:plain


あと、ローソンのアイスカフェラテ、
カップの下の部分かき混ぜる前の、白いその液体をストローで吸ったときの
甘みと風味が好き。
牛乳のようで、牛乳ではない、
混ぜてカフェラテになる前の味。

って
新品の消しゴムの角が好きというような感じで
少数意見だと思いますが、
ぜひローソン様に置かれましては、このまま
今後とも混ぜないで、ご提供いただきたいと思っています。

 

タイヤ交換

雨が降りそうで、降らない感じの日曜日。

思い切って自転車のタイヤ交換をしました。


昨日、蔵王での下り、ひとつのコーナーで後輪がグリップを失い
横に飛んで、三回繰り返して
危うくガードレールまであと30センチということがありまして。

これは、自分のスピード感覚が狂っているのか
(コーナー直前でブレーキをがーっとかけて少し後輪にブレーキあてながら回ることが多いのですが、スピードが出すぎていたような)
と思いながら、速度落としてみたものの
次のコーナーでも、また同じようになりました。

 

自分が下手なのか?いやでも今までそういうことはなかった…
とすると、タイヤのせい?、空気圧?寿命?

帰宅してから、トレッドを見ても
真ん中のまだ使えますよサインが残ってます。
でもあれほどのグリップの喪失はいままでなかったことです。

そういえば交換してから一年になるし…
サインはあめけど、グリップ失ったのはサイド側だし
とタイヤを見てみたら、サイドがひび割れていました。

f:id:holonholon:20170625162811j:plain

たまたま開いた(そういうことありますよね)
自転車雑誌のタイヤ特集のページに
いいタイヤほど寿命は短く
半年で、紫外線などで、劣化してグリップしなくなるんだとか。
寿命という判断は減りではなくグリップですべきだと。
腑に落ちるものがあり、納得です。

よかった、このまま自分を責めて
使っていたらなにかまずいことになるかも知れなかった。

今まではスペシャライズドターボコットン24c。
タイヤの内側のゴムがべっとりとして
チューブがくっついてはがれません…。
チューブごと破棄でしたが、なんだってこんなくっつくんでしょね。

f:id:holonholon:20170625162840j:plain

いいタイヤなんですが、一本が一万オーバーとかなり高いので
以前外して保管していた、ミシュランプロ4コンプ23c 5000円のに戻しました。
(大丈夫かな)

今回はチューブもミシュランの軽量プチルUltraLIGHT。

結構ミシュランは癖なく安心して乗れるので好きです。

コーナーで倒しに行くとき、安心してタイヤのグリップに任せられるかどうかというのはかなり大切な心理的部分なので。

 

タイヤとチューブは一年ごとになにもなくても交換しよっと。

 

ジンギスカンライド

ひととき梅雨の貴重な晴れ間の休日。
洗濯は前日済ませて、掃除はせずに自転車の支度。

蔵王を経験すれば 他のたいていの山岳道路は
傾斜長さとも 難なくクリアできると思うので
再びレースまえに蔵王という試練。
もはや風、寒さ対策はバッチリ
ただ一週間前のぎっくり腰だけが心配なので、
エスケープルートも用意して。

今回は踏まないペダリングをしようというテーマで
青根に車を置いて、峩々温泉から蔵王越え。

f:id:holonholon:20170624182243j:plain


二週間前に寒かった蔵王も、優しい顔を見せてくれました。
朝からたくさんの自転車乗り。山形に下る途中一台に追いついてしまい
見ていたらセンターラインに沿って走るので危なくて後ろつけず
ごめんなさいと言いながら、追い越し
ここまでかな調子よかったの。

f:id:holonholon:20170624182312j:plain


途中、一年に一度はこの時期に行きたいドッコ沼の三五郎小屋でしたが
腰の具合と相談していかないことにして、
(片道八キロの登りってちょっとしたヒルクライムコースです)
そのまま蔵王温泉に。時間は11時。
ちょうど店の前を掃除して開店支度。

食べたいものは蔵王名物ジンギスカン(最近まで名物って知らなかった)。
近くの二軒で迷ったのですが
ひとりで、こんなパンツ一丁だし潮吹いた身体で
きれいに着飾ったお客さんたちのいるきれいな店より
誰もいない、路地裏の居酒屋だけど、昼もやっているという
薄暗い店の暖簾をくぐりました。

f:id:holonholon:20170624182404j:plain

夜の店、特有の湿ったにおい。一瞬やってしまったか
と思ったのですが、おばあちゃんの物のいいかたが優しかったので
ここに座ることにしました。

f:id:holonholon:20170624182434j:plain

食べ方わかりますよね?と聞かれて、
ノンと答えたら、油は取らないでてっぺんに。
野菜は下のポケットで 焼きます。
と、丁寧に教えてくれました。米沢ではちがった。いろんな流派があるみたい。

f:id:holonholon:20170624182504j:plain

で、ジンギスカン、おいしかった。
肉もたれや、山菜のふき、みず、ともに。
2000円はちょっと高かったけど。
またこれを楽しみに来るのもいいな。
幸福という店。

帰り、ここから笹谷経由に逃げるか、再びエコーラインを上り返すか
迷っていたのですが、これを食べたら、決意しました。
エコーラインを上り返そう。そして帰ろう。

そして12時前、再びまたがりましたが
なんだかすでに足が重たくなっていました。
よいしょっと。
うさぎさんのとこまで引き返し
暑くて伸びているうさぎさんを横目に、

f:id:holonholon:20170624182532j:plain


もうひとつ、やる気にチャージするものが必要でした。
牧場ソフトクリーム。
山川牧場まで下ります。と思ったよりも下るので
いいのか、いいのか、また上るんだぞここ。
と、どきどきしながら下ります。
行き過ぎませんように。

f:id:holonholon:20170624182601j:plain

そしてソフトクリーム。
このちいさな欲望が、これから登り返すだけの労力に値するものかと自問自答。
おいしかったけど、食べてしまったら登らなくちゃ。店をでたくなかった…。

そしてそこから毎度長かった。
時速10キロ以下キープです。
途中、蔵王お釜リフト乗り場まで20キロの標識。
白くなっていた頭でもすぐ計算出来ました。
二時間…。
これが二時間…。
愕然としました。

ひたすらもう数メーター先だけを見て登り、すれ違う自転車に目もくれず

山形側は、最後にだましのきつい坂がいくつも待っていて
嫌いだ、山形側のエコーラインは。
という言葉だけは、絶対ブログに書こうと、心に決めて最後踏ん張りました。
峠にはなんの用も感慨もないので、そのまま通過。

きつかった。
たまにふっとペダリングが軽くなって坂が平地みたいに走れるときがあって
それは業界ではペダリング開眼というらしいのですが
腰が痛い今、もしかすると、回すペダリング
開眼するかと思ったのですが、きませんでした。
なんのとことはない、ただ苦しい苦しい上り坂でした。

蔵王で25Tが脚力的にきついのかも、ぎっくり腰が腰痛に移行してしまった。

 

前回の忘れ物:グローブ

本日の忘れ物:ボトル、汗止めバンド。いらなかったもの手足ウォーマー 

 

95キロ、獲得3100m

時々へたる

ようやく 冷房や 冷風が平気になってきました。
三週間前の吹き付ける風の寒い蔵王で、低体温症に近い状態になって以来
冷風が恐怖になっていました。
最近の穏やかな気候もあり、車の中でも
デフロスターにして冷風を当てないようにしていますが
だいぶ落ち着いてきまして、…よかった。

 

そういえば、ときどき妙に疲労するライドがあって
今年はまだないものの
去年だと、熱中症になった当日は別にして
6月の走った丸森がいちばんひどかったものです。

 

距離135km、獲得標高1900mと大したことはないのに、
そのへろへろ感といったら、坂の途中で
なんどもやすまないとならないほどでした。

いったいあればどういうわけなのか理由を検証をしてみたいものです。
たまたま、その時そういう状態だったのかもしれないけれど
平地がんばった記憶があるのでそれが理由のひとつかもと思いつつ。

 

いつかまたあのへたりがくるのかもしれないです。それはさておき

昨日は整体に行き、今日は痛み止めを飲んだので、少し

来週のレースに向けて少し動かしていかなくては。

 

 

 

www.link-tohoku.co.jp

ひとのいないところで休日の日中に自転車レースではなく
ひとのいるところで、平日の夜に自転車レースを
そして自転車の普及をと、リンク東北。


計測チップで予選をして、脚力別に揃えて、レースだそうです。
テストケースだということで、参加人数が集まれば
次につながりそうです。


クリテというレースのジャンルに参加するほどまだ全然自信がないので

ぼくはスルーですが、広がるといいなと思っています。