うさぎとピクニック

うさぎと、おもに自転車、自分の日々

勝手なつぶやき

のんびり定義ライドとその先の熊沢林道

脚、膝の裏からふくらはぎが張っていて
(軽い肉離れっぽい)痛むため、今日はすこしだけ様子をみようと
朝から用事を済ませるついでに
サンデーにでかけて、チューブを購入。
帰宅しタイヤと一緒に交換してから昼過ぎ出発。

 

タイヤはミシュランのリチオンというトレーニングタイヤ
ワイヤービートなのでちょっとハメにくかった。
空気圧がわからないけどとりあえず、6.5に。

f:id:holonholon:20181111181345j:plain

今日は距離が乗れなかったころ走った裏道で定義さんへ

f:id:holonholon:20181111181405j:plain

日常痛くても走り始めるとそうでもなくなるということがあるので
そうだといいと思っていたのですが、
だめで、走ってもなんというか伸びきったゴムが切れたような痛みがあって
…ゆっくりとしか走れません。
回すことも踏むことも、引くこともできず
ひたすらゆっくり。

それにしてもこの道は、車が通らないので
その分枯れ葉が絨毯になっていてきれい。
スピードは出せなくなるけれどぃまの時期ならでは。

にぎわう定義を越えて
なんだかいつもより、坂が長くきつく感じます。

さて、熊沢林道。急登にいきなりこけます。
うーんトラクションをなるべくかけずに
重めのギアで踏みながら引きながら
ハンドルまっすくで、いつでもクリートを外せるように
と考えながら登ります。
登りでコケル理由はいつも同じ、後輪が空転して
横になって足が地面に届かず(坂なので尚更)そのままコテン。

f:id:holonholon:20181111181533j:plain


平らになるとほっとします。

f:id:holonholon:20181111181511j:plain

ようやく峠の分岐に出て
以前歩いて行ったもののその先がどうなっているか
わからないままになっていた先に向かいますが
以前より道が荒れていて、とてもさきに行けず
引き返します、ここでこけた腕の傷がいちばん痛く
石に打ち付け打撲、骨折したかと思ったほどでしたが
あとでみたら出血だけで済んでいました。

f:id:holonholon:20181111181551j:plain

下りだ、とほっとしたたものの
あまりの荒れように歩いているんじゃというスピードしか出せません…
クリートを外して三角乗りで下るという恥ずかしい乗り方で
そういえば
先々週お尻が痛い時にもこうして乗っていたっけ。

f:id:holonholon:20181111181612j:plain

クマ怖いなあと思いながら、ひとりほつねんと
歩くようにがたがた走ります。
タイヤが丈夫ならいいと思ったけれど
高気圧すぎるのと、細いので、わだちの段差を斜めに
上がろうとすると、滑ってコケル。
そのままわだちの低い中を進むとこれまた大きな石がたくさんで
浮石に乗りあげたりでバランス崩してコケル
では、と高いところのみいくようにすると、これまた
土が柔らかくなっていたり砂にもぐったりで、コケル。

ということを繰り返しながら、これはもしかしたら自分が
先を読む能力が劣っていたり、反射神経が鈍くなっているのかなあ
以前は走りながら、三歩先を見て山を全速力で下れたものだけれど
いまは歩く速度で一歩さきしか見ていないものなあ…

f:id:holonholon:20181111181630j:plain

この自転車でいずれスーパー林道に行こうと思っていたけれど
坂でサドルの位置が低くないと足がつかず厳しいのと
タイヤが太くないと厳しいというのがよくわかりました。
かといってそのための自転車を買う余裕もないのでね。

ラクションと後輪加重に気をつけながら
まっすぐ滑らかに進むことを心がけていたらだんだん
登りは空転もしなくなってうまくなってきました。

やっと舗装路。定義さんから作並にぬけました。
やっぱり、ロードは舗装路にかぎります。
クルマとの並走も今日ばかりは心地よかったです。


ヘビと、サルはいたけどクマでてこなくてよかった。
今日腕も痛めたので
自転車しばらく、休養になりそうです。
で、今度は
乗ってないと腰が痛むんですよね…

 

 

 

エンジンルームがオイルまみれ


金曜に車のオイル交換をして
それから数百キロははしって
どうも臭いし、おかしいと思っていたものの
オイル量も不足していないしなんだかわからず、
ほっていました。

雨の今日、止めた路面に油膜がにじみます。
んー
そういえばまさかと記憶をたどり
オイルフィーラー(キャップ)を閉めたかどうか
思い出そうとしても、記憶がありません。

f:id:holonholon:20181106194931j:plain


ボンネットを開けて、確認したらありませんでした、キャップ

飛び散ったオイルでエンジンルームが汚れています
オイルが過熱して燃える原因になるというのをきいたことがあります
多賀城の近くのホンダは休みでした。
高砂のホンダに連絡して話をしました。

いま近くにいるのだけれど
キャップがかくかくしかじか。

在庫をしていないので取り寄せになるとのこと

それはそうだろうな…
でもこのまま日々120キロ程度走り続けるのに不安があり

それを話すと、廃車のフイットがあればとってみますかね
と、しばらく待ってみたのですがだめでした


では、直接ホンダカーズの部品卸屋さんにいかれてみますか?
と住所と電話番号を教えてもらい
こちらから連絡をしておくからホンダカーズの高砂店からと
言えばわかるようにしときます


価格は高くはないです、数百円だと思います
ただ、そこは部品を販売するだけなので
と取り付けや、エンジンルームの洗浄はお客さん自身で
やっていただく必要がありますので

…完璧すぎるほど丁寧な対応に凹んでいた心が
持ち上がって、心底ほっとしました。


ここ最近マニュアル的にできないという対応が増えている中で
気持ちに踏み込んだ、丁寧な対応に感動しました。

こんど車買うなら、ホンダカーズ高砂店で買いたい。

 

ほんとうれしかったです、ありがとうございました。

 

メンテナンスな秋晴れの日

どうして ひざの裏か痛むのか

と検索

膝裏の痛み原因はサドルが高すぎるだけか? : 自転車コギコギ日記

青森のときに変えたことは、
レーパンを二枚重ねにした→サドルをあげたのと同じ
サドルを後ろに下げた→引用によるとサドルをあげたのと同じ
ということらしい。
ではと、サドルを前側に戻して(今まで一番前にしていました)様子をみよう。

今日は痛みで、自転車には乗れず(歩くのもやっと)
仕事で泉ヶ岳にでかけたついでに
坂の途中にある食堂桂でとん汁ラーメン。
さっぱりした感じで、健康的な味でした。

f:id:holonholon:20181104175929j:plain

器が小さいのではなく にんじんがでかい。

帰宅してからは、ミシュランオールシーズンタイヤと
ミシュランチューブに交換して
左側クリートを交換して
そろそろいろいろメンテナンスモード

 

脚が持ち上がらないので
いろんなものにけつまづいては

たまちゃんをびっくりさせています。

山形県民の森周回 


メンタームを塗って尻傷は完治したことにしたものの
膝裏の腫れがひかなかったので
消炎剤のロキソニンを飲んでいました。

朝七時半に出発してすぐ7キロほど走ったところで
お尻が痛い…今度は当たるほう
どうしようかと思案してええいもうと
パンツを前に引っ張ってみました
と痛いところにちょうどパッドがあたってあ
もしかしてこれいいかも
…と気づいてあれ?もしかして
こうやって使うものなのかな…

ホイールは山ばかりなので軽量ニュートロンで行きたいところ
忙しくてパンク修理(タイヤ交換)忘れていたのでいつものシロッコ
山にはちょっときっついけどトレーニングと思えば最適。

そのうち今度は手足がしびれてきました
まだ
沈痛消炎剤が効いているみたいで感覚があんまりなくて
なんだかこれは今日はちょっとまいったことになりそうだな
と、おももいながら関山トンネルへ。

山形側温度が七度
けどそんなに寒くない、それよりガスっていて
ライト必須。
ローソン休憩のあと48号から広域農道を通って
(この道なかなかいい)ジャガラモガラ脇を通り、
天童の端っこを通過し中山町へ
そして細い国道458号を通り
県道18号で山の中に。
きつい…けど交通量少なくて道もきれいで
なんとなくうきうき。

f:id:holonholon:20181103194400j:plain


あちらこちらに社があって、ちょっとトイレに困る。
やがて玉虫沼とかいうきれいなため池で、一服。

f:id:holonholon:20181103194414j:plain


ここらへんも気持ちがいい
ほんとに車が少ないので、周回できるものなら
するといいトレーニングになりそう。
まっすぐ行ったらまっすぐ坂の向こうに山が見えて
白い山(刈田岳らしい)が。
吸い込まれるようにもっとちかくにもっと近くに
と、ルートを外れ遠回りして見にいってしまった

f:id:holonholon:20181103194428j:plain

f:id:holonholon:20181103194448j:plain

f:id:holonholon:20181103194502j:plain

f:id:holonholon:20181103194515j:plain

f:id:holonholon:20181103194533j:plain

まさか山形市内の雲海がみれるとは。
そして紅葉と白い山。(青い空)
美しかった

f:id:holonholon:20181103194549j:plain

待望のループ道路はやっぱり果たしてあまり斜度がなくて
オートバイなら楽しいのかもしれないけど
カーブに感じなくて…残念でした。

f:id:holonholon:20181103194605j:plain

そこから県道49号で山辺に向かいます
山間地なのにいきなり開けた集落があって
ちょっと天上の集落にのんびりうっとりしてしまった
湧水水車なるものもあって

f:id:holonholon:20181103194621j:plain

その先にそば とかいたのぼりがあったものの
通過しようとしたら
どこから湧いてきたのかその店にだけ入っていく車が
いっぱい
んん入っていくということはやっているってことかな
メンドクサイからここでもう食べようかな
時間を見たら11時でした。
メニューは普通盛そばと大盛りと天ぷらしかない。盛そば700円。安いような
で待つこと30分

f:id:holonholon:20181103194639j:plain

後五時間で家帰れるかな…と思ったところにやっときて
打ち立て、ゆでたて、なんでしょう。骨太そば
でもどうもぼくはそばの味がわからぬみたいで
すみません
出ようとしたら、うわあ、数十人並んでるよ
なんでなんで。
しかも東京から高級車でスーツとか
おかしいよ、ぜったい。
でもこんにゃくがおいしかったのでおみやげに買いました。
(サドルバッグ重たくなった)

f:id:holonholon:20181103194729j:plain



そこから ザ田舎というような風景が続き
思わず山形クオリティなる言葉を思いついてしましました。

f:id:holonholon:20181103194801j:plain

県民の森をすぎ
(山形に10年くらい住んでいたのに一度もきたことがなかった)
カーブをいくつも抜け展望所を通過しようとして
思わず急ブレーキ

f:id:holonholon:20181103194841j:plain


うわあ、ここもスゴイ。
と自転車を止めたら、対向のモミジマークのクルマも止めて
ぼくにどこから登ってきたのかと聞きます
玉虫な沼からというとああ中山からですね
これからどこへというので
笹谷を越えて仙台に帰ります
あれが笹谷ですよ、と指さす方向に
くっきり送電線ぁれが標高何メーターで
あの白いのが刈田岳、標高何メーターです
といいます、詳しい。ほかの山も全部説明。
はあ、どっちみちあれを越えていくんだなと
ちょっとしんみりしたのでお礼をいって出発しようとしたら
ブレーキついているんですか?
ついてますよ普通にではお気をつけていってらっしゃいと。
何者だったのだろう。

さてそこから一直線に、山形市へ突入し
(でも端っこルートなのでがらがら)
今度は西蔵王公園に登ります。
もうここきつくて脚が痛くなったので
笹谷まで省略。

思うことはいつつもひとつ、ここまで越えてきた
きっとこの今も過去になっていくさと
思いながら目の前の長い坂をのぼります。
遅くたっていいじゃないか、シロッコだもの。
笹谷で二時半でした。

f:id:holonholon:20181103194908j:plain


距離はあと40キロ。意外にないことに驚くのですが
時間はくらくなるかどうか微妙なところ。
いそごうと、思いながら休まないよう頑張ります。

途中、きれいな秋満開だったのですが
写真撮るには、途中車に追いついて道を
譲ってもらったので、写真も自粛、
また追いついてしまうといけないので。

目の中に焼き付けて。
そういえば春先は、青葉の中をぶるぶるしながら走ったっけ。

笹谷はもうあさっての月曜から長い冬の閉鎖に入るようです。
山形とはもうこれでしばらくバイバイ
(雪が降らなくても自転車で通れるルートがほぼなくなる)

四時半、暗くなる前に無事帰宅

いいルートでした、来年春先にまた行けたらいいなあ。

 

お尻もだけど膝裏が痛くて腫れてまいったなあ
サドルとかクリートとか微調整の必要があるのかな…

 

f:id:holonholon:20181103194918j:plain

 

 距離 平均 最高速度 時間 総時間 獲得 平均出力 消費カロリー

173 22.8 68.4 7h33 9h00 2,674m 146W 3,963kJ

ロングライド後に思ったこと

 

タイヤの件

進まないと 思ったらパンクを疑えです。
軽量タイヤについてはホイールもですが
軽量=だからいいということに疑問を持ち始めています
ある程度の重さがあったほうが坂も進むということも含め
レース用軽量タイヤも次回は重いタイヤにするつもり。

ただパナソニックの軽量チュープは携行するのに

ミシュランの軽量に比べて半分くらい小さい。

f:id:holonholon:20181031223720j:plain


お尻の件
打撲に備えアウター二枚履きをしていたのでむしろ
そのせいで厚くなって汗で湿ってスレたのだと思われます。


体力
回復がはやくなった気がします
一年前は200kで一週間はぐったりしてたから
回復に積極的にとっている
タンパク質食品がいいのかもしれないです

 


走り続けて、眠くなるのでなく神経が疲労するのは精神
朦朧感はカフェインではとれないもので
寝ないと回復しませんでした。
きついのは300キロこえてからの距離より
走行15時間越えたあたりからの時間かも。あと

300kあたりから気持ち悪くなるのをなんとかしたい…

 

サドルバッグは使わないものだけを入れて予備服や

シューズカバーなどは背中ポケットに突っ込みました
雨具は防風衣 防寒兼ねてですが幸い雨降り前に完走したのこともあり
気温は15℃くらいまでだったりで使いませんでした。

膝が冷えだしたとき膝にいれたホッカイロはよかったです
痛くなりませんでした、それとあらかじめ塗布したワセリン

膝の滑りもよくなるのかも。

 

 

https://www.yodobashi.com/product/100000001002286289/

リチウム電池いいのですが初期値が 1.8ボルトあるので、
使用機器が内部で電圧変換していないものは
使えないのでご注意


メンタームメンソレータムとあるのですね
何が違うのだろうと思ったら
意外な歴史があったみたい 気持ちメンターム

近江兄弟社 - Wikipedia



右側のブランケット位置にはパフを載せて
左側はゲルで、テープを巻いてテストしてみたところ
右手だけまだしびれが残っています。

f:id:holonholon:20181031223458j:plain


今回は休憩場所と予想時間だけ設定しておいて
天候の条件によって日程自体は変えられるようにしていました

これは前回は日程だけはこの日と決めていて行き当たりばったりの休憩で
失敗したと感じていたからです。
走っていると疲れて頭が働かなくなってくること
田舎は特に、その場所を逃すと補給ができない可能性もあったからです

けど、夜九時にカレーを食べたのが最終でその後コンビニがなくなり

深夜、店がなにもなく、そのまま気持ち悪くなり朝七時まてせの10時間食わずに走ってた…よくハンガーノックにならなかったけどもう少し補給を考えればよかった。

 

痛みに備えサドルを動かすトルクスレンチはあってよかったけど

あとDHバーはロングでは使わないからいらないな。

 

平地ベースなら500kは走れるみたいなので
次は坂道入れてはしってみたい。
その前に今回と同じコースを
出発時間を6時間遅らせてもう一度かな したい。
きれいな海を見ていないんだもの。

f:id:holonholon:20181031223600j:plain

クロモリはフレームにメモを磁石でつけられていいですよ。