うさぎとピクニック

うさぎと、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

最近見た脱力映画

1p1030073 気分転換に、映画をよく見ます。
自宅でDVD旧作ですが。

あまり情報が無いまま見るので
ときどき、なんだかなあ[E:down]な
映画を見てしまって
脱力[E:sad]するときがあります
それが最近立て続けなもので。
外国のものを少し。
(日本のは、もっと自分にははずし方が大きいのですが
ヒットしていたりするので、それを書くと
読んだ人が不快かもしれないのでやめときます)
あくまでも最近見て脱力したのだけ。

ジャンパーで脱力した後、ケビンコスナーだから
このままじゃ終わらないだろうと
思って、ホームドラマみたいなのをみてたら。
こういうのあり?
このオチのために今までがあったの?
ママが泣いた日
思わずタイトルを見直してしまった。
たしかに…。

遥かなる大地へ
ラスト<泣きそうになったのに、涙の行方が。
トムクルーズ

えっ、そうだったのか
と思ったら、そうではなくて実はこうで
いやそれも含めて、こういうことで
と、だんだんそれもよくわかんなくなった
dot the i ドット・ジ・アイ
真剣に感情移入していたのに、
途中から、あっそ、勝手にやってれば的に。
見終わってからは、もう
どうでもよくなってたりして。

ウォンテッド
なんだかマトリックスドット・ジ・アイ
みたいな。
内容も描写も、えっ、あり?みたいな。
すごいんだけれど
なんだかすっきりしないような…。

で、写真。
途中でこれも脱力系かと思ったのですが、
見終わってからもしかしてすごい?と思う映画。
タイトルがまったく覚えられないのですが
Vフォー・ヴェンデッタ
これ、なんだか、派手な芝居みたいな感じな映画。
チャイコフスキー1812年の音楽といっしょに
建物が爆発なんて、なんて素敵な、
いや、そんなこといっちゃいけないし…。
殺すシーンがきれい…なんていっちゃいけないし…
でも、それを超えてなんか惹かれるものが…。
マトリックスに似ている?と思ったら製作者でした。
なんとなくもう一度見たくて購入…、
アマゾンで350円でした。
ある意味カルトムービーかも。その後の
ロンドンテロのタイミングと重なっているのでほめると、
当局にマークされそうで怖い。