うさぎとピクニック

うさぎと、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

すずめのひな

ただそこに幼い、行き先をしらないすずめのひなが親と一緒に、やってきます。

みんなが飛び立ち、けれどなにかひとりであわてたのか
逃げる方向を間違えて、自分から
ドアに向かってとぴたってしまったのです。

それは、ドアにぶつかるような
どおんとした響きですずめが気がつくのではなくはなく、
開いていたドアから、ただ静かになんの迷いもなく入ってきてしまったので
ああ間違ったとそれはもうすずめも気がつくのですが
逃げ道が元きたところとは、それはもうすっかり
わからなくなっていて
ただひたすらに逃げまどうばかりなのでした。

自分から一瞬までは、幸せなとびたち。
ただ、向きだけが違ったのです。

あしたの朝には、ひかりが導くでしょうか。

ひかりに、ひとり飛び立つ勇気があるでしょうか。