うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

ぱこん

雨の降りそうな、風のゆるんだ生暖かい
とある夕方、そのミステリーは起きました。

 

事務仕事をしていたら、ぱこん。
となにか当たるような、音がしました。
さほど気にせずいたのですが、
しばらくして、またぱこん。

 

また少しして、ぱこん。

?、台所でなにか、熱いものが金属に触れて
ぺこんと言っているのかな。
台所のあちこちを探検。

タンクが、へこんだ音?

はて。
換気扇が風にあおられているでもなく
いくと音が消えて。

また戻ると、またなにか音が。
ぱこん

 

ラップ音?

いやいやいや


どきどきしながら、暗い
二階も見に行ったけれど
どこでなっているのやら。

また事務所に戻ると、またぱこん。

 

あっ、

さっき、傘たてを動かしたときの
響きとそっくりです。
玄関です。

傘たてを懐中電灯もってのぞいて照らしてみました。

茶色い金属の深い筒状の傘たての
底の部分のいろと同化した、足に吸盤がないタイプの
かえるちゃんが泣きそうな顔して

ぴょん…
ぺこん。

出られないのでした。

あーほっとした、

かえるちゃんとぼく