うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

一日

朝、とある県庁の警備員が、ぼくを見つめるので、なに?
と聞くと、今日なんだか元気ないような気がしてね。
と。

ありがたいことです。
いやいやちょっと考え事をしていただけです。
たいていそれはお昼ご飯何にしようかな、程度のことです。

 

昼、

〇〇さん、とぼくが住宅地の路上に止めた車に
向こうからクルマですれ違いざま止めて窓から声をかけてくれる。
あれ?ぇ、なんでここに?そのひとのおうちからは離れたとこなので
不思議な感じがしつつ、よそもののぼくに
声をかけていただく人ががこの町にいることがうれしい。

 

夜、ふと用事があって外に出て、ふと見上げると
星。
またたくほどではないけれど、星。
それはちょっと贅沢で
まばたきをするまてと見つめていたら
ちょっとしてしまったみたいな瞬間に
星が糸をひく。
瞬きのせいか、はっきりしないまま
数度。きっと遠くで星が流れたのでしょう。

 

ケーキ。
お気に入りの店でケーキを買って帰る。
その日の珈琲のなんとおいしいことよ。
一日のおわりにとっておきのプレゼント。

 

おでんといったら、

ちくわぶ、いとこん、じゃがいもです。
ちなみに、チビ太のおでんといって
どこかのコンビニで、こんにゃく、はんぺん、ちくわを
串に刺して売っていました。けど、
おでんは、ハタボーで、チビ太はそれを奪っていた方なんですよね。

 

おふろ、

週末だから、硫黄温泉の湯花を
いつもよりたくさん入れて、温まろう。