うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

北杜夫展

f:id:holonholon:20150608220208j:plain


北杜夫展にいってきました。
幽霊や少年、大事な本。
ドクトルジバコ
さびしい王様、楡家の人々、
それぞれ違うのに、
共通するみずみずしい文体でした。

白きたおやかな峰もドキドキしたもの。

 

むすめよ、という娘にあてた絵本も持っています。

またその娘が、大きくなってマカの営業で有名になったり。

 

結構、見ごたえがあって、疲れました。
よくここまで集めたとおもえる資料でした。
仙台にゆかりがあったとは知りませんでした、
北の都に住んで、仙台は杜、だから杜夫というエピソード。

 

つくづくいろんな人が亡くなっていきます。

それにしても今の文筆家が亡くなったとしても

そのあと、生原稿なんてあるのか?