読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

繰り返しの中

さて、なんだかんだいろいろなんですが

ふんばってレースエントリーしてしまいました。

あーあ、もうあとしらねー、みたいな心境です。

 

ところでエントリーとは関係ないんですが、
毎日同じことの繰り返しです。

内容は毎日違うしトラブルも日常茶飯事です
それをいかにダメージ少なくクリアして、
いつもの日常業務に戻るかというのが、
工夫のしどころだったりというのも含めて同じかな、


以前は、一気に走り抜けて、
倒れるということをしていました。

ここ数年は、少し大人になったので
句読点というのを心がけて
コンビニでコーヒーやおやつ、ほんの一分くらいですが
立ち寄ったりしています。

お昼ご飯をどこで食べようか
それはまるで砂漠を行くひとがオアシスを目標にして
午後は、無事に終えることを目標にして街を放浪しているかのよう。
思惑通りに終えると、よっしゃと声が出てしまうくらい
うれしかったりします。
このだれにもわからない、脳内交流。

連続した日々なのでどこが句点でどれが読点か
もはやわからないのですが、日々をつなげて
一週間でいうと、金曜が週の終わり、
契約から解放され自由の身、
週が始まれば自分のなかで描いたものを
こだわり抜いて、それもエンドレス。

ならば、少し大きな時間のなかで
たまのご褒美というか次の目標もないとねと、
山に行ったり、自転車に乗ったりの日々も
怪我のなかで遠く

今腐ってばかりなのもなんなので
思い切って数週間先に、ひなびた温泉に行く予定を入れました。

素泊まりの格安温泉旅館です。
B&B
豪華な夕食でなくても、日常から離れて違う文化に身を投じる、
たとえそれが退屈でテレビをみている夜であったとしても
大事にしたい、そういう句読点。

案外、忙しい日常の隙間に予定を入れてしまえば、
勝手知ったる場所に次の目標が見えてきます。
あそこでおやつ、あそこで呑んで、
翌日のランチまで脳内で展開。

いつもなにか目標がないとだらんとしてしまうので
それが嫌なのかもしれない、