うさぎとピクニック

うさぎと、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

星兎 4才

1p1270292 星兎、タイトルに惹かれ昨日買って読みました。
"人間サイズの記憶喪失うさぎと散歩するうち「ぼく」が自己発見する"という素敵な児童向けの本でした。

うちのうさぎのくまちゃん、4才になりました。
思い返せばいろんな時期を一緒にすごしたものです。
仕事が忙しいとき、無理に早退して高速飛ばして病院に連れて行ったこともあったっけ。
いっしょに作ってきた時間。大事な貴重な時間を重ねてきました。
人間の知り合いでも転職、引っ越しを重ねてるぼくには、
それだけの長い知人がいないので、余計です。
今日をまたあとで、「あのとき」と自分を振り返るとき
同時に、くまちゃんが時間の思い出の中にいます。
かわりのない存在。

くまちゃん、そこにいてくれてありがとう。
I'm here.  I glad you are there.