ぴょんとくるくる

うさぎと、自転車、田舎での日々

勝手なつぶやき

うさぎと寝る

まえになじみのカーディーラー
ラパンアクセサリーを買ったとき
うさぎを飼っているんだと話をしたら
女性店長いきなりの質問、うさぎさんと寝ているんですか?   
その見えない質問に疑問符つきまくりのまま
ただ否定するしかできないぼくがいました。

1r1053052 で。気になっていて、うさぎと一緒に寝るものなのか?
朝晩だけですけどベッドにあげているのだから
運動場みたく遊ばせるだけではなく、

しばしの時間、一緒に寝てみようか。
布団の中にもぐってくるので、これは一緒にねていることになるのかな。
こないだうっかりほんとにぼくか寝てしまって
あったかい水の感覚で眼が覚めたので
最近は 30分くらいしかベッドにあげません

たぶんベッドは大きな運動場で 巣穴なんだと思う。

穴をほるしぐさ
猫ならすきまを顔でおしていくけど
うさぎはなんだか 手で掘ろうとする
動物説明図鑑で 前足をさして 穴を掘れる短い手 後ろ足は
敵からにげる長い脚

って矢印があるそのまんまの実践。

さささっと出ては走って、戻って、ぼくの顔をみて
撫でてと、鼻先を押し付ける。
その繰り返し

もうずっと前から知っているみたいに。
ぼくに対し無防備なのがとてもありがたい。
そうきっと、ずっと前から知っていたんだよ。
ぼくはきみを驚かさないようにしている。
きみはそんなぼくを慕ってくれる。



1r1053063 で、きみはやっぱり女の子、
部屋に引きこもり用の
巣を置いてあげたのに夜に昼に
ピンク色のソファーでいつもくつろいでる。