うさぎとピクニック

うさぎと、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

ご馳走

やはり、あの食べ物の世界と、ご主人の人柄を自分の中に溶け込ませたくて
再度行ってきました。レイション。

少し店の紹介などを。
ご主人は若いころ船乗りで世界中、日本中を海から回ったといいます。
店名はそのポルトガルの港から。
その後、宮城の田舎の田んぼの中にぽつんとある喫茶店に20年以上前出会い、
そこで刺激をうけ、自分でも店をやってみたくなったと言います。
(気になってその店名を聞いてみると、なんと「ぷらんた」さんも常連で
その喫茶店のカレーに近い味を自分なりに出したくて店を作ったと以前話してくれたその店)
なんで、自分の中のこのふたつの店がくっつくかあ??

Ca280012 今日の定食は、小豆入り玄米ご飯、
せりと高野豆腐の味噌汁、
生ひじきとたくあん、ごま豆腐の天然生わさびのせ、
ふきのとうと、有機人参と有機たまねぎのてんぷら。

ふきのとうは昨日鳴子の先の山へ行って雪の下から
とってきたそうです。そしてかえりの山の中の直販所で
天然生わさびと、せりを買ってきたそうです。
ごま豆腐は、吉野葛とゴマと塩だけなんだとか、
これがまた自然の甘み旨みでうまー。
吉野本葛ですからね…価格的に信じられません。
生ひじきは知り合いの漁師から直接譲ってもらったもので、
たくあんも、大根干すとこからやった自家製。
もちろん、野菜は自然食品店から仕入れた有機野菜。

てんぷらひとくち食べてがびーん。この油を使うとは、この反則技のようなうれしさ。
「油は菜種油で、しかも圧搾法で絞ったものだけを混ぜずに使ってますね。」
そうです。揚げ物は菜種で他はごま油、サラダはオリーブオイルと使い分けているんです、と。

ご主人と、この料理にはなにを使っているとか、なにを入れていないとか
産地はどこだとか、当てたり聞いたり、
それが褒めことばとなるような、相手を知るようなおもしろい感じです。

なんか美味しんぼの岡星さんを思い出しました。
このご主人ほんとに自然体で、大事にするものがあって素敵なんですよ。
自身30年くらい玄米菜食なんだそうで、
良心のかたまりみたいな気がする、大事にしたい店です。がんばって続けてほしいです。

■この店の場所は一番町アーケードを歩いていくと一番南、
藤崎のさらに南で、アーケードの終わりに近いところ左側に
花屋さんとキムチやさんがあり、
その間の路地を入っていきます。20メートルほど歩いて
右側に、じみーにありますのでドアを開けて入ってください。
ご主人がにっこり出迎えてくれます。
土曜日のみ休み。11時半から、20時までの営業。
日曜もやっています。玄米定食800円が
磐石のお勧めですが、そばやチャーハン、パスタもあります。
電話番号022-214-3085です。
有料駐車場は、一番町アーケードの南、明治屋の裏側に
いくつかあります、一時間300円ほど。
もし、お店にいかれた方いましたら、あとでぜひコメントくださいな。