読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

耳に菌

うさぎ

f:id:holonholon:20150923233830j:plain


ちょっと今日は大変でした。

あさ五時くらいに、なにかばたんばたんと
音がしていてそらちゃん
珍しいな、お腹減ったのかな。
もう少ししたら起きるから待っててとつぶやき
布団かぶっていたのは今朝。

そして朝いつものように、おはようと言いに行くと、首を横に振り
眼球が上下に振れ、よろよろと立てないそらちゃん、
挙動がうつろで意思がなく、おかしい。
あわてて、病院に連れて行きました。
いや正確にはこの時点では、とりあえず
そらちゃんを車に乗せて、病院探しに朝いっしょに仕事に出まして。
(仕事は車を運転することになので)

というのは、なんとよりによって、祝日で
さらに小動物をみてくれる動物病院って
仙台ではいったいどこにあるんだ、というくらいない。
それでとりあえず探し回ろうかと、と

出発して、途中で電話したら、ありがたいことにアイリスさんはやっていました。
朝八時半に電話したのですが11時半にきてくれとのことで
大丈夫か気になりながらも、だんだん暖かくなってきた
そらちゃんの体温を信じ、ただ不安そうに
揺れながら、ぼくを探し求めるので
運転しながら、ゲージの中に手をいれ
撫でてたり触れたり。

仕事途中で、アイリスさん
に着いたら、なんとものすごい混み方。
クルマの中でも10人くらい待っています。

(疲れたのと長くなるので以下省略)

とにかく、薬をもらって四時間後、
また仕事にそらちゃんと一緒に戻りました。
ずっと同じように、手で触れて
そらちゃんを安心させながらも
いつものようにぼくの手をもとめ舐めてきたり
押し付けてくる力になにか希望を感じるのでした。

耳の中の内耳に菌が入ったようで
三半規管がおかしくなり目が回っているのだとか。
斜頸などすこし後遺症がのこるかもとのことでした。
(そらちゃんもともと背骨がまがっていて
年取ると足が弱る可能性があるとのこと。)