うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

蔵王越えてドッコ沼へ

 ただいま。

山形蔵王温泉上の、ドッコ沼に行ってきました。
なんというか、まるで山登りしたかのような疲労感ですが
おつりがもらえるくらい、いい山旅(自転車ですが)でした。

来週の鳥海山のレースの足慣らしに蔵王山なんて、蔵王に失礼だなと
思いつつ、信号がなくひたすら上り、というと
ここしか思いつかなかったのでした。

ほんと先週の上り下りではなく
ひたすら上り、そしてくだってまた登りという
単純なコースです。
途中なにもコンビニどころか、食べるところがないので
おにぎり、あんぱん、バナナ、とエイド食を背中のポケットに詰め込んで
いざ出発。

 

平地の気温は30度越えの予報でしたが
蔵王エコーラインは標高1500mなので
20度以下の予想。

途中のコマクサ小屋で、おでんを補給。
まんまエイド食のような。

f:id:holonholon:20160618184239j:plain


この先も風が強く、雲がすごい勢いで流れていきます
負けじと踏みこみながら、なんとか、通過

f:id:holonholon:20160618184324j:plain

背中が痛みだしたので、どうしようかと思いながらも

禁断の山形側への下りが始り、ええやっと、身を任せます。

f:id:holonholon:20160618184340j:plain

こんなに下るのかと、思った頃、ようやく温泉側への分岐。

なんとここにもエイドステーション、

うさぎちゃんが出迎えてくれました。

f:id:holonholon:20160618184351j:plain

そしてさらにまた下りですが

このころにはもう、感覚が麻痺してました。

また登るなんてことより目の前のことで精いっぱい。

ドッコ沼の分岐にきたら、カフェサンゴロウと書いてあります。

ここからはおよそ一時間登りに転じます。

嬉しい予感、ご褒美がなければしんどい気分です。

f:id:holonholon:20160618184553j:plain

とはいえ、ときおり吹く風、山形の空気は暖かく、

広がる景色も牧歌調で、宮城蔵王の厳しい岩肌とは違う和む道でした。

f:id:holonholon:20160618184740j:plain

 

ドッコ沼。

f:id:holonholon:20160618184804j:plain

そしてさんごろう小屋

入ろうとして、ちょっとびっくりしました。

佇まいが、ゴージャスなんです。

f:id:holonholon:20160618184858j:plain

森の中の宮殿みたい…。

入口は自動ドアで、土足で入ると、

さらにまた中はびっくり、床はつやつや

おとなふたりで一抱えの丸太が、柱でいくつもあり

ビリヤードや、…とにかく中が広い、ホテルのロビーみたい。

 

f:id:holonholon:20160618185036j:plain

ほかにお客がだれもいなかったので、

薪ストーブの前に陣取り

アルテックのオールドスピーカーの音に揺られました。

 

f:id:holonholon:20160618185209j:plain

f:id:holonholon:20160618185223j:plain

キーマカレー1000円食べました。

スープとサラダがうれしかったな。

f:id:holonholon:20160618185335j:plain

ご主人もよく自転車できたねー、軽いの?持たせてと言われ

持ってもらったら、軽いね、とお世辞のこどばに気をよくして

思いがけずありがたいエイドの歓迎もあり、あとは帰り、頑張って

来た道の半分を登るだけという、割り切り。

ひたすら。

途中、汗をたらしながら登る坂道、流れる水に惹かれて、顔を洗い。

f:id:holonholon:20160618185614j:plain

 

ようやく下りに転じるまで、山形側からなかなか手ごわかった。

そして下りでは、なんといままでの最高速度を記録。

(書けないですが、高速を走れるくらい)

そして獲得…じゃなくて累積標高2921m  (GPS3141m)て
いままでの最高。さらに一度に登った高さも1282m
更新。

疲れるわけだ。

でも逃げずに登って、下ってまた登って、よかった。

課題はこなしていくと次の課題が待っています。

 来週は鳥海山1000メーター駆け上がるレースです。

 

それにしても、筋肉、筋、関節、あちこち痛い…。