うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

TIME 初乗り

 

f:id:holonholon:20170304181844j:plain

天気がよかったので、
新しいTIME自転車に初めて、乗ってきました。
初めてのビンディングシューズ、クリート位置調整も兼ねて。

以前走った田舎の道へむけ、こぎだします。
まだ公道を怖くて走れないとき、自転車でなんども往復した道。
車がほとんど来ないので安心。位置に違和感を感じると
止まっては、靴を脱ぎドライバーで調整します。

f:id:holonholon:20170304181858j:plain

地面に座り、難しい顔して靴の裏にドライバーをあてる、
街中に住んでいたら、こんなことなかなかできないだろうなあ
走っては止まりを繰り返します。

だんだん、決まってきたかなあと思うと
今度はサドルの位置も気になったりして
もうめんどくさいのなんの。


そのうち、距離走ったりするとまた違ってくるんだろうなあ。
同じ自転車ならまだ体が覚えているけれど
違う自転車なのでこれでいいの?の繰り返し。

f:id:holonholon:20170304181909j:plain

TIME、アイゾンのインプレとしては挙動がシビア。

直進性がすごくあるんだけれど、妙に切れ込むし
なかなか思ったラインをトレースできない…。
走り慣れていない、乗り慣れていないということもあるんでしょうけど。

ぼくには雑誌でいうほどの、良さなんてわからない。

思うにぼくみたいな素人には、
ツールドフランスにプロが使うようなコンポセッティングの
いわば、F1カーみたいなカーボン自転車は、デリケートすぎます。
繊細で、調整の幅が少なくて、なかなか乗りにくい。
いままで乗っていたクロモリ自転車のほうが
乗りやすいようというか、万能的に気楽に乗れる。

 

TIME、乗りにくいので、
レースも、もしかしたら、クロモリで出ようかな…。
ここまで費用かけたのに…。

クロモリは体になじんでいるし、重たい割にコントロールできるので
レースのような、極限の疲労の中では、
事故ないのが一番だし、それには軽さより
コントロールしやすいのがいいなあと感じてしまう。

同じ道を走ってみて、それこそTIMEが出るなら考えますが。

 

あした、お気いり三ヶ島ペダルを外してビンディング化したクロモリで走ってきます。