うさぎとピクニック

うさぎと、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

ずるいひとたち

赤いフィットが15万キロ走って、どうもサスペンションと、
オートマが、息切れしてしまい、修理にずいぶんかかるだろうし
直してもまたきっとどこかダメになると、踏んで
車検まで一年近く残して、別の車を手配する必要にかられました。

そして見つけたのが、走行4万キロで、18年式のフィット。
ただし、事故修理車だったので、安くて検切れ本体7万円。
聞くと、三人で乗って確認したが異常はないとのことでS県だったけれど
新幹線に乗って見に行きました。
ところが、ひどい板金で、ケロイドみたいなドアのへこみと修理あと。
帰ろうとすると、自分は名取の出身だという営業さんが
似たようなのでもう少しいいのがありますと言います。

青いフィット。7万キロ走行、18年式、検切れ5万。
みためどこも悪くなくキラキラしています。
それで購入することにして、見積もりを出してもらうと、
故障保証代7万とか、整備費とか、納車準備費とか、よくわからない項目が
盛りだくさん。なんだかんだ、5万の車の乗り出し38万になりました。
なんだかな、と複雑な思い。
切手代まで請求されました。

まだ書類すら送っていないのに振込はまだかと、催促されながら
車庫証明などをこちらでやって送り、2週間後また新幹線で取りに行くと
さらに追加で4万かかったから払ってと。現金持ち合わせがないというと
カードで支払えといいます。
なんだかな、の思い抱えながら。

そしてまだ続くのですが、
高速で帰り道、なんだかタイヤがごろごろするし、
降りてからの加速でぎくしゃくします。
ディーラーで、修理してもらって中古車屋が保証するという約束だったので、
Y県H市のディーラーにもっていき黙って見積もりをもらうと6万。
イグニッションコイル全部の交換と、リアハブベアリング両輪が必要と。

けれど、前のフィットの経験で、オートマオイル交換で
それは治るといういうことは知っていました、
ましてや事故車なのでエンジン回りは新品に入れ替わっている車です。
後ろ片輪のハブだけがおかしいというのも、自分でジャッキアップして調べていました。
両輪?とだけ聞くと、両輪です、と続けて

どこに見積もりをもっていってもかまわない、
うちはホンダの看板をしょってやっていると。
ああそうですか、そんなことなんにも聞いていませんけど。
ここも盛るタイプ、なんだかもう。

ディーラーは支払が翌月というそういう保証修理はうちではできないという。
次に今度は中古車がこれは保証の部位外なので自腹で直してくれという。

結局オートマオイル交換で治ったし
片側のハブも別の車屋で安価で直してもらいました。
ずるいひととかかわると嫌になる。

2年間大事に乗ります。
15万キロでだいたいホンダは壊れるので、それまで
おだやかに何事もなく、気持ちよく付きあえますように。