うさぎとピクニック

うさぎと、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

ビール渇望

自転車、山、水分が失われ、夜。


求めていたビールを一本やっと飲めて
そんな渇望か満たされたときや、折に触れ
思い出すシーンがあります。

震災の時、停電が一週間だったか10日だったか
続き(ほとんど記憶にない)
自分はアルチューではないのだけれど
なくて飲みたくて困っていたのがアルコール。

開通してまず買いにいったのは、閉っていた店の
外に置いてあるビールの自販機。

はたして明かりがついていました。
それは希望のあかり。
そこで3本ほど買って
去ろうとしたら、たぱこを買いに来た女性。

若くはみえないのだけれど
顔認証のを通らないからぼくの顔を貸してほしい
と、たばこの自販機の前に。

疑問をはさまず、貸してあげましたぼくの顔。
なんだかいことしたような、震災のみなが傷ついたあのとき。


断片的な記憶の中でも、ことさらあのときのビールの味だけは
忘れられない。
なにか欲しくて得られないときにビールという記憶のなかのひとつです。