うさぎとピクニック

うさぎと、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

トンネル越えて峠越えて

あさ起きて、喉はがらがら

寝不足、風が強いとあまりいい条件ではありませんでしたが

もう今日乗っておかないと後がない、ということで

出かけてきました。

48号を作並越えて吹き降ろす向い風。

そして最初の難関、関山トンネル

トンネルを自転車で走ったことのある方は

その怖さ、ご存知だと思います。

f:id:holonholon:20160508160311j:plain

あえて車線の端を走らずに車が速度を落として反対車線に

でないと抜けない場所をキープして全速力、そのために

下りで通過を選びました。

なにが怖いって、音なんです。

どーんと、突入音がして、そこからごごごごご、とトラックなどが

近づいてくる、その恐怖は、「ジョーズ」か、「激突」か。

幸い、後ろから車は来ませんでした。

空いている時間でよかった。

こんにちは初山形

次の難関は、天童高原スキー場への登り。

f:id:holonholon:20160508160525j:plain

いきなり14%

だけど、いつもの練習の場所の方がきつかったので

難なくクリア。

 

f:id:holonholon:20160508160544j:plain

そして視界が広がり迎えてくれた、ポニーちゃん。

けどぼくは馬と相性が悪い、というか一方的に嫌われることが多いので

ポニーといえど、離れたところから写真を。

かわいいからって油断大敵、撫でる手のひらをあいつら噛みますから。

f:id:holonholon:20160508160726j:plain

 ブランコ揺れながら、持参のバナナを食べました。

風がなければ、もっと気持ちよかっただろうけど

いい場所。

静かです、だれもいないんです。

f:id:holonholon:20160508160842j:plain

ここに至る道もきれいで広くて、いい感じでしたが

ここのスキー場の道と行ったら

なだらかな官能的な、思わず熊本のいまは崩れてしまった

ラピュタの道を思い出してしまいます。

f:id:holonholon:20160508161002j:plain

そして、いろんな因縁の面白山スキー場前駅(正式名称はなんだっけ)

数年間は駅を降りたらすぐリフト…だったのですが

いまはスキー場跡になってしまい、やたらさびしい駅の風情。

ここに自転車で来るとは。

f:id:holonholon:20160508161200j:plain

山寺に向かうくだりが、なんとも素敵な道

開けたり、杉の木に囲まれたり、しだの群生を目にしたり

つつじの花や、空気の冷たいところから、暖かいところに

おりていく感じと言い、いい道。

山を歩いているみたい。

f:id:holonholon:20160508161342j:plain

10時到着。

あまり店もやっていないし、そんなにお腹も調子が良くないし

迷ったけど、ここから先に店がなくなるので、補給と休憩。

f:id:holonholon:20160508161444j:plain

なめこそばと団子を。

そばは、ただしい観光地のそばで、団子は、食べたことがない味。

道明寺を生麩でくるんで焼いたとか。

つけものは、なぜか山形はどこもでてきて、どこのうまい。

 

さて、ここからまた二キロほどあるトンネルをどきどきしながら越えて

残り最後のクライマックス。

笹谷峠。

f:id:holonholon:20160508161629j:plain

上の方は意外になだらかで登りやすかった。

高速の入口までの登坂車線がある直線がきつかったな。

そして、相変わらずの風の強さに、辟易して

とっとと、下ります。

さて

ここからの下りが圧巻。

追い風を味方につけて、延々川崎町までの下り。

クルマとほとんど同じ速さで

20分ほどで、川崎町のコンビニに到着。

最後の補給

 

距離120キロ、アベレージ20.6キロ、累積標高2260メーター。

とりあえず、次への目標のための経験となりました。

 

でもいい道だった。五月という季節のせいかもしれないけれど

秋にもまた行きたいな。