うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

ゆりのき

名前が気に入った植物をいろいろ植えていたのは三年前。エゴノキ、マユミ、アブラチャン、メグスリノキそのなかのひとつ。ゆりのき。 ここのとこぐんぐん伸びて、植えたとき、腰くらい高さだったのに、今ではぼくの身長より高くなりました。同時期に植えたほ…

庭に生えてくる春

毎年春、庭に出てくる、うるいらしきもの。売っているのは食べることもあるけれどなんだかわからないものを食べる気にならずなんだか毎年密集度が増していく気がします。 やまうこぎ、として買ったもの買ったときは食べようと思ったのだけれどなんだかむしる…

冬支度

構想四年、苦節三年目、 考えてばかりはずっといて なかなかやる気にならずいたのに、 突然なぜかやる気が出て 残りの資材を急きょアマゾンして、 雨の休日、冬支度、壁をはりはり。 と、その壁作業をするために、 CD棚を移動、移動場所確保のためにタンスも…

あけび

裏山で収穫してきました。 あけびは、皮を捨てて中身だけ食べるはずが 山形では皮を食べて中身は捨てるとバカにされつつ怒られたっけ。 中身は捨てるもの、という山形人に対し逆に何てバカな、思ったのだけれど とりあえず、皮を食してみたら驚きのうまさ。…

タイマー灯

夜がくるのが早くなりました六時にはもう真っ暗。月のない時には、一面なにも見えない闇のなか。そのなかで、動くものが木の梢であるか熊やその他の生き物か、生きていないもののけの輩かの判断は、音でしかできなくなるそんな深い夜がこれから半年始まりま…

ハンモックの日

けっこうアバウトでいいようでいて 細かいセッティングをしないと極上の寝心地になれないのです 高すぎず低からずの高さ、 頭の側が少し高くなるような傾き、 全体のひもの長さは長いほうが心地いい のだけれど、と思ながらとりあえず、適当につって横になっ…

夢を大事にとか、よく耳にします。 夢ってなんだろう。 現実のなかの時間の隙間にこぼれた自分に取って大事なものをすくいあげる地味なことのような おぼろなものをかたちにする作業…かな。 すごくあやふやで、はかなくもろい、そんなものをかたちとして言葉…

やっとかないと

毎日、空模様と競争しながら お昼御飯もそこそこに 仕事を急いで終えて 服をレース用パンツに着替え サングラスと、ヘルメット装着して 自転車で、坂に向かいます。きつい登りを十数分かけて反対側に下ったらまた十数分登り そのまま自転車で帰宅して、事務…

小さい途中の庭の草花

ゆりのき。 ただ名前がかわいかったので買った樹木。たしか葉が柏餅みたいにでかくて途中半分、ハサミできっちゃった というようなへんな葉の造形。どうやったらあんな形に展開するのか不思議。 二本並べたかったのだけれど、一本しか、高かったので。そのか…

避難勧告

23時20分 避難勧告だと、近所のひとが呼びに来ました。ちょっと避難してきます。いや避難先を見てきます ということで見てきたらみなさん本気で…ザックしょってたり結構クルマで避難とかされているんですけど…ぼくはとりあえず戻ってきました。 そらちゃん、…

もらいもの

国の創設した地域住民生活等緊急支援のための交付金というのがあるらしくいま、あちこちでクーポンを販売していますね。 【ふるさと割】夏休み・9月連休でも使えるクーポン 【楽天トラベル】 ふるさと割クーポンプレゼント! - じゃらんnet プレミアム旅行券…

モミの木

うちの裏、自然のモミの木雪の日も、この下には雪が積もらないその姿は、クリスマスツリーのようというか。規模はちょっと違うのですがハイジの家のモミの木を思い出させるものがあります。 E-1 f2.8/14-54の25mmf f5.6 C-PLフィルター使用

薪のいろいろ

薪、どこで買おうかいつも迷います。って一年前のことを忘れるんです。 なのでメモ。 まとめてたくさんの量を買う割安一平方メートルで、たしか秋保の仙台薪屋だと三万近く。ほかも、岩出山や、川崎の生産組合のも安いが二万五千程度移動が大変で、フィット…

アピオスの花

ベランダの端に植えたとある野菜。深い色のきれいな花を咲かせます。ほんとに野菜の花ですか?という感じ。 ただ匂いは微妙で、近寄って嗅ぐとうーん?いい匂いかどうかの判断に迷います。 おととし植えて(埋めて)、去年収穫せずそのまま。 冬に枯れてまた…

色違い

ぼつぼつと、部屋に手を入れていますが遅々として進みません。やる気が長続きしないというか、他にやることが多いというか。体力が砂時計みたいだというか。 それで、杉板を壁に貼っていたのですがなんと一年たっても、まだ部屋全部に張りきれなくて。去年張…

いろいろなクローバー

むき出しの土と、雑草の庭に三キロ、だったかな、2000円分くらいのクローバーのタネをものすごく蒔きました。それが去年の夏。そして秋、たくさんの芽がでて、そのまま冬を越して、いまでは立派なクローバー畑になりました。クローバー、歩くと心地いいし、…

リサイクル

荒浜近くの被災したセブンイレブンのだという断熱がしっかりした屋根。倉庫を作るのに安く上がるからと大工さんがもらってきていまうちの庭にあります。荒廃したあの辺にはあそこしかないから、たぶん今はプレハブ営業のあのセブンイレブン。 もったいないと…

コンポスト

コンポストって不恰好だし、動物くるしと、導入躊躇していたのですが、「サルは醗酵ものが嫌いで梅干しや納豆をまくと 近寄らない」という現代農業の情報。 それならば、と購入モード。市の補助申請してすっごい面倒な手間かかって、コンポスト買いに行きま…

黒い部屋途中

シアター用にと中古購入した要修理S-955Ⅲのスピーカー、と暗黒化計画進行中の部屋のことです。 スピーカーが修理から戻ってくるのにあわせ重い機材を移動して、下に新たに黒い板カーペットを敷きました。 黒いカーペットって、異様です、生活感がいきなりな…

ダイニング

自分の家の中をさらすのはどうなんだろとも思うけど、まあ、いいか。週末ごとにコツコツと、文字通りコツコツと、作ってきました。 この部屋はようやく完成した感じ。白い部屋のダイニング。壁は石膏ボードの上に、漆喰1回塗りで仕上げ。 当初、北向きの汚い…

黒い部屋

部屋の塗装日和、天気のいい休日。 つや消しの黒ペンキひと缶、スプレー4缶使用。 最初は躊躇しつつピカソみたいなまだら模様からやがて、壁全部、天井全部、スイッチ、紐まで黒く。破壊に似て、一度思い切ればあとは速いもの。障子も、ふすまも、黒に塗っ…

局地的大雨

そりゃあね。夢も語りましたよ。 部屋のなかに水の音が欲しい部屋の壁に水を流したいとか。言いましたよ。 でもね、実際部屋の壁沿いに水を流したら、湿度99%あちこちカビだらけになるというのは最近気がついてきたこと。 あきらめた夢のひとつ。 はい、庭に…

壁塗り実験

実験部屋と呼んでいる、北側の部屋です。 一枚350円の石膏ボードを張った後、仕上げをどうしようか迷っていました。 珪藻土風とかのペンキでいいかなと思ったのですが○○風だからといって安いわけでなくむしろ高い。 それだったら本物の珪藻土や、漆喰のほう…

山の果実

裏山にあった、この木のこの実はなんだろう、 ぷちっ、むにゅっ、ぐみっっとしておいしそうだったので 口に含んでみました。 タネはなく、酸味もなく、甘い風味は、これいったいなんだろうという 興味を起こさせるのに十分でした。 なにかわからないものに、…

花植え

これも覚書。一年どころか、数週間でなにを植えたか忘れてしまうので。 ガーデンガーデンで1.8×2.7m、15センチメッシュの麻網を購入。その下のお茶のプランターの右脇に琉球朝顔 左に、夕顔花。 西の窓にはよしずと、ゴーヤ。ゴーヤは、サルが食べるかどうか…

イモリの理由

毎晩、裏の池に何度も行きます。灯りで照らすと、置物みたいに新たなイモリが時にそのたび底にたたずんでいるので またざるで救います きりがないので、さすがにこれは、おそらく…と思い始めました。取りそこない、ではなくて毎日一匹二匹、来ているんじゃな…

森の常設展

展示は、ペルーの綿ハンモックで、とりあえず常設 ハンモックに揺られようと思ったついでにビールなども昨日ビール片手に寝転がったら 深いところでなにかが入れ替わる感じ。なににも代え難い5月。穏やかで穏やかで穏やかな風もない土曜日の午後 虫の羽音 …

5分の椅子

この椅子、「5分の椅子」と呼んでいます。ちょっと前は、それだけの時間じっと座っていられなかったのですが暖かくなってきた昨日あたりから逆にもっと伸びて、「10分の椅子」になりました。10分、この椅子に座ります。 仕事から帰ってきて、ほかにやること…

池を増設

増設というか。池と池の間、多少坂になっているものの、流れはゆるやかなので途中に泥がたまったりします。 いっそ、そこも池にしちゃおうと、下の小さな浅い池と上の池の間に、もう二つ、池を作ることにしました。 まあ自然界によくあるように、上の水位よ…

屋根付きの建物の用途

ハンモックロフト付のお昼寝小屋、いや、 半露天の五右衛門風呂を、 いや、ランチ兼珈琲ルームか?迷いつつ。 当初、冷蔵庫を納める、8畳ほどの建物を作っていたのですがコンクリートのたたきにしたり、断熱とか、動力とか結構、費用が数十万単位で掛かって…

生き物のいる場所

これが、サンショウウオのたくさんいる上の池です。向こう側、土の崩れた部分から水が湧き出しています。手前の石積みの部分はぼくが杭を打って毎日少しずつ石を積んで、岸にしました。石の隙間、水の浅い部分が弱い生き物の居場所となるように。 自然のまま…

孤独なサンショウウオ

眼をつぶらされ車で移動させられたようなものなので移動した先では自分がどこにいるのかわからないはずなのに、なぜか、2時間もすると、そいつは下の池にいる。下の池の一番端の、泥の上の同じ場所に同じようにこちらに背を向けて、じっとそこにいる。 なぜ…

上の池、下の池

最近、ようやく空気が緩んできてすこし、外なんぞをどんなもんか、夜に月や、星や池を見に行ったりします。 昨日の満月の夜には、すっかりもういなくなったと思った、サンショウウオが四匹も五匹も絡み合って、あたらしい卵のわきでにらみあいだか、喧嘩だか…

ビオトープ、渇水期に備えて

水中ポンプを買いました。安いバスポンプか金魚用ので充分と思っていたけれど結局、ある程度しっかりしたポンプで、テラダSL-52にしました。数週間の頭の中の変化と行動の変化は以下。 最初は自然に対し、あるがままに余分なことはしない。そう思ってすべて…

いきもの騒ぐ

ももへの手紙というアニメ映画を見ました。ひとことで言って、となりのトトロのような普通の人に見えないなにかが出でくる映画でした。 見終わって、みえないものがかわいい余韻をひきずりながらお風呂、お風呂のついでに本など読んでいました。(ひとつのこ…

きのこ三段活用

林のなかで散り散りになって引っかかっている太い枝をチェンソーで切りながら拾い集めていました。 下をみたら、地面の埋もれ木から生えるいくつものキノコ発見。 たぶんシイタケ。きっとしいたけ、椎茸に違いない、いまのところ、体調に変化はないので、間…

ビオトープ

ビオトープを作りたいと思っていたのを思い出しました、山の出口とうちの裏の間には沢があります。山の水が粘土層の切り崩しから流れてくるのでその山肌から染み出る水を受けて流すため作った溝が、いまや自然の沢みたいになっています。 削って作ったのに、…

裏山のサンショウウオ

家の裏山に、沢の流れの下が小さなたまりになっている場所があります。 そこにもいました、3匹ほど。 トウホクサンショウウオ 写真中央に1匹見えます。 からだ全体をくねらせて、泳いだり 止まったりする姿は、ユーモラス。 うちのは泥の中にもぐっているけ…

鳥の鳴き声

朝早くしかも、雨もちらつくなか、元気に鳴いて起こしてくれるあなたは、だあれ(怒)。 朝からインターネットで鳥の鳴き声検索をしていました。窓の外の、リアルの鳴き声を聞きながらベッドサイトのパソコンの音声と比較して これは違う、これも違う。 いろい…

行者ニンニク

雪解けの畑の端から、なにか大量に生えてきた。 わかる人に聞くと、行者にんにくだそう。 たしかに、ニラとも、ねぎとも、ニンニクとも違う、 けれど、おいしそうな柔らか臭い匂いがする。 しめしめ、ねぎはサルに食われたけれど これのうまさに、まだヤツラ…

知恵比べ

ヘイ、サル、カモンね。 そして誘い、サルへ向けてパイプを構えたぼくは、用意周到、ロケット花火に点火。 有効射程距離30メーター、耳元でパンと鳴らして びっくりさせ山へと追い払うという算段。 里は怖いものと教えなくてはだんだん慣れていったり食べる…

サンショウウオに迫る危機

また、山の水路の枯葉ひろい掃除をしていたらなにやら枯葉の中でもがいているものを発見。 泥まみれでよくわからないので、キレイな水に入れてみたのですけれど、それでも泥をつけたがる、枯葉に隠れたがる、暗いとこに行きたがる。 で、、これなに? なんだ…

タネがいっぱい

いや、大げさでなく、いっぱいなんです。 グランドカバーなんてしゃれた物言いではなく、とにかく草をはやしたい、 雑草でもパイオニア植物でもなんてもよくて、 とりあえず、クローバーがよかろうと 種をタネ屋さんに頼みました。 崖が崩れたり、地面がねち…

夜中の口笛

鼻が詰まった大きな寝息のような、というかヒューという口笛のような音で、ラの音程。一秒鳴いて、数秒休んでという感じでずっと続く。 すぐそこに聞こえるのがなんとも気持ちが悪く、うなされて目が覚めましたもしかして、ひとか? いや、少し離れたところ…

サンショウウオの水たまり

最近は、まだ明るいうちに帰宅します。そして、裏のほうの水たまりに行ってぼうっと、林の木々を行き来する鳥や水たまりを見ています。なにかこう、リセットされるというか。 あのサンショウウオは、あれから見ていないのでもう引っ越ししたかなと、だんだん…

ステンレスキッチン

このなにげにとんでもないキッキンがついてました。 実用性重視の田舎らしくステンレスの業務用。不動産屋さんに「街っぽいシステムキッチンではないですが大丈夫ですか?」と聞かれたけれど、とんでもない。思いがけないプレゼントでした。おくびにも出しま…

同居

かねて天井ちかくの天袋の換気孔になにかの動物が穴をあけて住みついていたようでした。 なんの足場もないところに、いったいなんだろうハクビシンかな。穴をのぞくと、なんだか草藁もあって立派にベッドができていました。一応、木でがっちりふさいで様子見…

山と庭の間

写真はj窓から見える庭と、山との境目。おなじように枯葉が舞い落ちているのでわかりにくいのですけど。 間には山を切り崩して土のままの水路溝が作ってありました。山に入るのに、激しく飛ぶ必要があるので簡単な橋を架けました。水路溝は、今後細長い池に…

びっくりしたお礼

いやあ、びっくりしたのしないのって、びっくりしたこと。もう、もう、くちあんぐりです。 休日の夕方、用事から帰宅したらトラックが家の前に数台暗い中にライト付けていまして。なんだ?と思ったら大工仕事をお願いしていた知人さんが、現場で残土として畑…

いなかの家

道と隣とうちとの区別がないというか、 縁側に来てこんにちはと声をかけられる便利なものはなにもない、修繕箇所多数。トイレも、風呂も昔風。 けれど家はなんとでも変えられるし慣れるもの。古いけれど明るい陽だまり。キャンプに行ってテント場を一番で探…